トップ » はるかのひとりごと » その他のお菓子など » 粒餡と餅米で作った大きないちご大福
昨日6月16日は、和菓子の日らしいです。
和菓子と言えば、お饅頭とか、砂糖菓子を想定しますが、
私は、いちご大福♡です。

昨日は、唐揚げを作りましたが、実はいちご大福を作りたかったのです。
しかし、いちごが売り切れ・・・。
この時期にいちごって、確かにあまりないですね。

実家でおばあちゃんが畑をしていたので、いちごというと、夏のイメージがあったのですが、関東人は、冬とか言っちゃいますよね・・・
だってハウスで育てているじゃないですか(^^ゞ

ということで能書きより絵です。

大きないちご大福
粒あんと餅米で作った大きないちご大福

大きさですが、結構大きいです。
女の子の拳より大きいです(^^ゞ

自分で作ると
・粒あんにできる
・おもちにできる
・大きないちごを使える
・大きな大福が作れる
というように、沢山メリットがあります。

中身は
粒あんと餅米で作った大きないちご大福の中身

いや~、このもちもちの餅?と大きな苺、しかも粒あんの組み合わせが最高です。

さて、ここで餅米大福のノウハウをひとつ。

やはり、餅米で作らないと美味しくないです。
そして、餅米は直ぐに固くなってしまうという特徴があります。
でも、それを回避する方法があるのですよ。

和菓子を作り続けた日本人の知恵ですね。
で、どうするかというと、お砂糖をたっぷりと餅米に混ぜ込むのです。
砂糖の量が多ければ多いほど、固くなりません。

固くなる理由は、餅の中に含まれる水分が蒸発してしまうからです。
その蒸発をおさえるために、砂糖をいれるのです。
みなさんも、柔らかくてモチモチの大福を作ってみて下さいね。

ではでは、またね~♪
この記事は 2017年04月20日11時14分 に更新

コメント一覧

  1. シルク
    美味しそうだね。

    はるかさん色々作れて凄いね。

    苺大福はそっちでは名物だったよね。

    食べてみたいw
  2. はるか
    >シルクさん
    どうもです(。・ω・。)
    いちご大福は、結構反則な感じのするお菓子だと思っています。
    ですが、意外に簡単にできますよ(o^^o)
    男性の方でも、何の苦労もなくできると思いますヨ

    マイごはんに良く出るみっこさん
    http://cookpad.com/recipe/2122505
    こんな感じです。
    私は、これとはちょっと違う製法ですが、
    餅をレンジで温めるのは全く同じです。

コメントする

Gravatarに登録してログインすると自分専用のアバターを表示できます。

コメントを残す





鈴木はるかのプロフィール画像
(Haruka Suzuki)
仕事:金融システムのSE
好きな物:スイーツ、絶景
趣味:お菓子/アニメ/多趣味

月別の過去記事を見る

最近投稿されたコメント

  1. はるか (2021年02月16日)
    広告も、コンテンツを遮ったり自己を過大に主張しなかったら許されると思うのですが、押すだけで多大な悪影響のある広告が沢山ありますので、そういっ…
  2. はるか (2021年02月16日)
    海原は、「汐のテーマ」のボーカル付き「木漏れ日」の歌詞による影響がおおきいと思いました。幻想世界そのものを唄っているって、気付くのは結構難し…
  3. はるか (2021年02月16日)
    どうもありがとうございます(o'∀')b
  4. 匿名 (2021年02月11日)
    めちゃくちゃ美味しそうですはるかさんのチョコレートを食べてみたいです
  5. 匿名 (2020年11月24日)
    青々と茂った稲穂を、海に引っかけて船をこぎ出している情景が手に取るように理解出来ました。幻想世界を唄っているというのは、説得力がありました。
  6. さんくんちゃん (2020年11月23日)
    鬱陶しい広告もかなり我慢してましたが最近は度を越したような広告が多く、広告を消す作業に費やす時間が多くなり我慢の限界でした。chromeです…

証明書の正当性確認