はるかのひとりごと > ひとりごと > 粒餡と餅米で作った大きないちご大福
昨日6月16日は、和菓子の日らしいです。
和菓子と言えば、お饅頭とか、砂糖菓子を想定しますが、
私は、いちご大福♡です。

昨日は、唐揚げを作りましたが、実はいちご大福を作りたかったのです。
しかし、いちごが売り切れ・・・。
この時期にいちごって、確かにあまりないですね。

実家でおばあちゃんが畑をしていたので、いちごというと、夏のイメージがあったのですが、関東人は、冬とか言っちゃいますよね・・・
だってハウスで育てているじゃないですか(^^ゞ

ということで能書きより絵です。

大きないちご大福
粒あんと餅米で作った大きないちご大福

大きさですが、結構大きいです。
女の子の拳より大きいです(^^ゞ

自分で作ると
・粒あんにできる
・おもちにできる
・大きないちごを使える
・大きな大福が作れる
というように、沢山メリットがあります。

中身は
粒あんと餅米で作った大きないちご大福の中身

いや~、このもちもちの餅?と大きな苺、しかも粒あんの組み合わせが最高です。

さて、ここで餅米大福のノウハウをひとつ。

やはり、餅米で作らないと美味しくないです。
そして、餅米は直ぐに固くなってしまうという特徴があります。
でも、それを回避する方法があるのですよ。

和菓子を作り続けた日本人の知恵ですね。
で、どうするかというと、お砂糖をたっぷりと餅米に混ぜ込むのです。
砂糖の量が多ければ多いほど、固くなりません。

固くなる理由は、餅の中に含まれる水分が蒸発してしまうからです。
その蒸発をおさえるために、砂糖をいれるのです。
みなさんも、柔らかくてモチモチの大福を作ってみて下さいね。

ではでは、またね~♪

コメント一覧

  1. シルク
    美味しそうだね。

    はるかさん色々作れて凄いね。

    苺大福はそっちでは名物だったよね。

    食べてみたいw
  2. はるか
    >シルクさん
    どうもです(。・ω・。)
    いちご大福は、結構反則な感じのするお菓子だと思っています。
    ですが、意外に簡単にできますよ(o^^o)
    男性の方でも、何の苦労もなくできると思いますヨ

    マイごはんに良く出るみっこさん
    http://cookpad.com/recipe/2122505
    こんな感じです。
    私は、これとはちょっと違う製法ですが、
    餅をレンジで温めるのは全く同じです。

コメントする

Gravatarに登録してログインすると自分専用のアバターを表示できます。

コメントを残す





鈴木はるかのプロフィール画像
(Haruka Suzuki)
仕事:金融システムのSE
好きな物:スイーツ、絶景
趣味:お菓子/アニメ/多趣味

月別の記事を見る