トップ » はるかのひとりごと » ひとりごと » 粒餡と餅米で作った大きないちご大福

粒餡と餅米で作った大きないちご大福

 ひとりごと    2件のコメント
昨日6月16日は、和菓子の日らしいです。
和菓子と言えば、お饅頭とか、砂糖菓子を想定しますが、
私は、いちご大福♡です。

昨日は、唐揚げを作りましたが、実はいちご大福を作りたかったのです。
しかし、いちごが売り切れ・・・。
この時期にいちごって、確かにあまりないですね。

実家でおばあちゃんが畑をしていたので、いちごというと、夏のイメージがあったのですが、関東人は、冬とか言っちゃいますよね・・・
だってハウスで育てているじゃないですか(^^ゞ

ということで能書きより絵です。

大きないちご大福
粒あんと餅米で作った大きないちご大福

大きさですが、結構大きいです。
女の子の拳より大きいです(^^ゞ

自分で作ると
・粒あんにできる
・おもちにできる
・大きないちごを使える
・大きな大福が作れる
というように、沢山メリットがあります。

中身は
粒あんと餅米で作った大きないちご大福の中身

いや~、このもちもちの餅?と大きな苺、しかも粒あんの組み合わせが最高です。

さて、ここで餅米大福のノウハウをひとつ。

やはり、餅米で作らないと美味しくないです。
そして、餅米は直ぐに固くなってしまうという特徴があります。
でも、それを回避する方法があるのですよ。

和菓子を作り続けた日本人の知恵ですね。
で、どうするかというと、お砂糖をたっぷりと餅米に混ぜ込むのです。
砂糖の量が多ければ多いほど、固くなりません。

固くなる理由は、餅の中に含まれる水分が蒸発してしまうからです。
その蒸発をおさえるために、砂糖をいれるのです。
みなさんも、柔らかくてモチモチの大福を作ってみて下さいね。

ではでは、またね~♪
この記事は 2017年04月20日11時14分 に更新

コメント一覧

  1. シルク
    美味しそうだね。

    はるかさん色々作れて凄いね。

    苺大福はそっちでは名物だったよね。

    食べてみたいw
  2. はるか
    >シルクさん
    どうもです(。・ω・。)
    いちご大福は、結構反則な感じのするお菓子だと思っています。
    ですが、意外に簡単にできますよ(o^^o)
    男性の方でも、何の苦労もなくできると思いますヨ

    マイごはんに良く出るみっこさん
    http://cookpad.com/recipe/2122505
    こんな感じです。
    私は、これとはちょっと違う製法ですが、
    餅をレンジで温めるのは全く同じです。

コメントする

Gravatarに登録してログインすると自分専用のアバターを表示できます。

コメントを残す





鈴木はるかのプロフィール画像
(Haruka Suzuki)
仕事:金融システムのSE
好きな物:スイーツ、絶景
趣味:お菓子/アニメ/多趣味

月別の過去記事を見る

最近投稿されたコメント

  1. 匿名 (2020年09月13日)
    一生懸命考えて選んだ家電すぐ壊れたらショック。反対に長く使え、しかも使いやすいと「次の家電も同じメーカー製を」と考えます。昔ならそうだったが…
  2. はるか (2020年07月22日)
    少し哲学がはいるかもしれません。10万年ごとに繰り返されるサイクルを見れば一目瞭然ですが、地球の平均気温なんて海面が120mの上下するほど変…
  3. 匿名 (2020年07月20日)
    地球温暖化が異常気象の原因だって本当ですか?
  4. はるか (2020年06月16日)
    目指せ気象予報士さんこんばんは。空気塊の持つエネルギーは、気温や気圧だけではなく水蒸気も重要な要素です。乾燥した空気と湿潤した空気が同じ高度…
  5. 目指せ気象予報士 (2020年06月16日)
    はじめまして上空に寒気だけではなく乾燥していると不安定になる原因を教えて下さい
  6. はるか (2020年06月01日)
    twitter見ました。とても美味しそうです(o'∀')b具をいっぱいにしちゃいますよね^^;私も何個か爆発させました・・・

証明書の正当性確認