はるかのひとりごと > アニ菓子 > ゆきひら流シャリアピンステーキ丼
はい、こんばんは♪
はるかです。

今回も、食戟のソーマのお料理を
作ってみたいと思います。
はるか流のレシピもあるので、作ってみてね^^

それでは、アニメ食戟のソーマ第7話より

ゆきひら流シャリアピンステーキ丼です。
yukihira_Chaliapin_Steak_don

アニメ第7話より引用
シャリアピンステーキ丼

なんか、ちょっと違いますね^^;
ですが、美味しそうなでOKです(笑顔)

さて、前回のレシピより大幅に変更が加えられています。

私も、創真さんに合わせて少し高い肉を買いました。
300gで1400円とか、高級肉です^^;
ちなみに、前回のお肉はあの量で250円くらいでした。
(500円のステーキ肉で2人分作ったので)
今回は、創真さんと同じ1400円の肉で勝負ですw

よく考えるとシャリアピンステーキは、
帝国ホテルが考えたレシピなので、
安い肉では無いのですよね^^;

箸上げ1

サシが良い感じに入っていて、その繊維にタマネギが浸透して
柔らかく仕上がりました。
今回肉もいいので、結構とろける感じです。

やはり、梅ご飯でしょうか。これの再現は難しそうなので
普通に梅干しを使いました。
この組み合わせは、凄く合っていました。

バターでちょっと油っぽい感じを、サッパリ梅と
ご飯で打ち消して、またお肉を食べたくなります。
お肉のソースは、ほどよい塩みと、赤ワインが絶妙で
これを食べるとまたご飯が欲しくなります。

まさにどんぶり飯の無限ループでした。

いや~、創真さんのお料理は、外れが無いですねぇ。
100%再現した訳では無いのに、見よう見まねでも
美味しく仕上がっちゃうという訳です。

今回はやらなかったですが、
アレンジとして、パイナップルに漬けてみたいです。
柔らかくするには、パパインとかの方が強そうです。

今回は、服が脱げるまでは行きませんでしたが
恵さんみたいに、
リアクションでクタクタだよぅ♡
いう目に少し合ってみたいです(爆)

それでは、レシピに行ってみましょう♪

名称:ゆきひら流シャリアピンステーキ丼
説明:
食戟のソーマ第7話のゆきひら流シャリアピンステーキ丼を再現しました。
柔らかい牛肉と香ばしいタマネギソースのレシピです。
■材料(二人分大盛り)
牛肉・・・・・・・・・・・250g(適量で良い)
タマネギ・・・・・・・・・・・3個(大きめが良い)
赤ワイン・・・・・・・・・大さじ3
バター・・・・・・・・・・・30g
塩胡椒・・・・・・・・・・・・適量
水溶き片栗粉・・・・・・・・・適量

炊いたごはん・・・・・・・・・2合
梅・・・・・・・・・・・・・・4個

■作り方
1.牛肉を取り出し筋切りして、肉たたきで叩く
無い場合は、包丁の背などで叩く。
高級肉は、あまり叩かなくてよい。
最後に格子状の切れ目(深く入れすぎない事)を入れる

2.タマネギ1個をみじん切りにする
肉の両面に塗しラップをして30分~3時間冷蔵庫で寝かせる。
(3時間でも劇的に柔らかくなる訳ではない)
タマネギは、決してフードプロセッサーや
すり下ろしたりしない事。
タマネギに漬ける

3.タマネギ2個をみじん切りにする

4.肉を取り出し下味を付ける
外側に付いたタマネギを軽く取り、
湿気がある場合、キッチンペーパーで拭き取る。
そのあと軽く塩胡椒して下味をつける。

5.肉を焼く
中火のフライパンに、バター20gを入れ片面に焼き目が付くまで、しっかりと焼く。
表が焼けたら、裏返し裏も焼き色をしっかりと付ける。(火加減は調整)
焼けた肉は取り分けておく。
肉を焼く

6.タマネギを炒める
肉の脂が残ったフライパンに、バター10gを入れしっかりと溶かす。
そのあとみじん切り(3で切った2個分)を入れ
木べらを使い、焦げないように強火で炒める。
タマネギを炒める

7.ソースを仕上げる
タマネギの色が変わってきたら、フライパンの端に醤油を回しかけ、強火で醤油を焦がす。
良い香りがしてきたら、ワインを入れフランベする。
アルコールが飛んだら、塩胡椒で塩みを調整する。
最後に水溶き片栗粉でしめる。

8.梅ご飯をつくる
梅4個の種を取り、包丁で細かくみじん切りにする。
あったかいごはんをボールに取り、梅を混ぜる。
梅ご飯

9.盛りつけ
梅ご飯を丼ぶりに盛りつけ、肉をおいて
ソースを上にかけると完成。

では、またね~
おやすみ。

コメント一覧

コメントする

Gravatarに登録してログインすると自分専用のアバターを表示できます。

コメントを残す





鈴木はるかのプロフィール画像
(Haruka Suzuki)
仕事:金融システムのSE
好きな物:スイーツ、絶景
趣味:お菓子/アニメ/多趣味

月別の記事を見る