はるかのひとりごと > アニ菓子 > 食戟のソーマ5話のさわらおにぎり茶漬け
みなさん、こんばんは。
はるかです。

嫌だとイイながら、前回に続きソーマから
アニ菓子を作ってみました。

リアクションが凄いので、本当に美味しいの?
というのは、作って確かめるか無い訳です。

と言うことで
食戟のソーマの再現料理を作ってみました。

おあがりよ!!

食戟のソーマ5話のさわらおにぎり茶漬け
食戟のソーマ5話のさわらおにぎり茶漬け

アニメ第5話より引用
鰆おにぎり茶漬け

美味しーいいいぃぃぃ
(はるかの服が脱げるのを想像して下さいw)

いやあ、いい仕事しています。
鰆がパリッとしていて、昆布のうま味と絡み合って
ご飯がとっても美味しいです。
昆布茶にも出汁がしみ出ている感じです。

例の如く、原作を全く知らないので背景は不明です^^;

ですが、創真さんの料理は、どれも素材の味を基調として
「うまみ」を全面に出す感じで、凄く優しい味なんですよね。
強制的に自分色の味を付けるのではなく、
あくまでうま味を追加するだけという感じです。

ですので、ほんとうに美味しいお茶漬けでした。

それでは、レシピに行ってみましょう。
創真さんは、父にポワレを教わったと言っていました。
鮭をパリッとさせるレシピだったようなので
強めにポワレしました。(色を見たら分かりますね)

ポワレ


鰆おにぎり茶漬け
食戟のソーマ第5話の鰆おにぎり茶漬けを再現しました。
昆布だし中心で旨みのある茶漬けのレシピです。
■材料(4人分)調理時間30分(準備10分実調理20分)
ごはん・・・・・・・・・・・・2合
さわら・・・・・・・・・・・2切れ
オリーブオイル・・・・適量(多め)
塩昆布・・・・・・・・・・・・適量
粉末昆布茶・・・・・・スプーン4杯
熱湯・・・・・・・・・・400ml
塩・・・・・・・・・・・・・・好み

■作り方
1.さわらの下処理
さわらはパッケージから出し、水気があったら
キッチンペーパーで水分を吸い取る。
おにぎりに入る大きさにするため二つに切る。

2.さわらを焼く
フライパンに多めのオリーブオイルをひき、
中火にして、さわらを皮から入れる。

3.ポワレする
フライパンを傾けて、スプーンでオイルを掬って
鰆の上にかけポワレする。皮に油が充分接しているか
確認して接してなかったらスプーンで押さえてもOK。
充分焼き色が付くまで裏返してはならない。

4.さわらの仕上げ
皮が充分焼けたら裏返して少し火を通し、オイルを捨てる。
全体焼き色が付いたら、キッチンペーパーの上に取り出す。

5.さわらおにぎりを作る
手に水や塩(好み)と塩昆布を付けて具にさわらを入れおにぎりをつくる。
三角の上に少しさわらを覗かせるのがポイント。

6.盛りつける
茶碗におにぎりを入れ、粉末昆布茶を熱湯で溶かしたお茶を流し込んで完成。

ということで、これも簡単なのでつくってみてね♡
それじゃまたね♪

おやすみ。

コメント一覧

コメントする

Gravatarに登録してログインすると自分専用のアバターを表示できます。

コメントを残す





鈴木はるかのプロフィール画像
(Haruka Suzuki)
仕事:金融システムのSE
好きな物:スイーツ、絶景
趣味:お菓子/アニメ/多趣味

月別の記事を見る