はるかのひとりごと > アニ菓子 > パンでPeace7話のイチゴパンを再現
はい、こんばんは。
鈴木はるかです。

結構な勢いで再現を続けている、パンでPeaceです。
今週も、またまた美味しそうなパンでした。

さて、初登場のあみさん!
どこかで聞いた声だと思ったら、原奈津子さんじゃないですか(o゜∀゜o)
なんか親近感が沸きます^^;アタシダケデスカ

今回は、のあさんが風邪でダウンするというお話です。
牛乳とフランスパン大好きな「のあさん」への差し入れは、
フランスパン!!かとおもいきや、既に登場しているので別のものになりました。
それがコレです。

イチゴパン
イチゴパン

アニメ第7話より引用
イチゴパン

いや~~~~今回も美味しそうですね♪
まてよ、これイチゴパンちゃう、メロンパンのパレット違いww
なんで、こんなメロンパンっぽいのになったのでしょう^^;

レシピですが、ふゆみさんがのあさんを想ってのパンなので
甘めでミルク一杯で・・・・・・というような感じを想像しながら作ってみました。
クリームは、前回のちぎりパンがかなりよくって
そのとき作ったミルククリームをアレンジしてみました。

では、お味見です♡
イチゴパンアップ

うぉぉおお、あまーーい。
皮はイチゴ~
クリーム甘酸っぱ~~い。
見た目通り、美味しそうに出来ちゃいました。
イチゴ好きには、たまりませんよ。

レシピは、前回のメロンパンとほぼ同じです。
ただ、イチゴを生で使うのは難しいので、今回はクリームだけ
100%果汁にしました。
半パック程度絞ってみたら、こんなに果汁がでました。

イチゴジュース
イチゴジュース

皮と生地には、反則っぽいですが「イチゴパウダー」を使いました。
これ、マカロンとかチーズケーキとか、お水を加水できない素材の時、大活躍するんですよね。
お菓子作り大好きな人は、必須アイテムだったりします。

それではレシピです。

イチゴパン
パンでPeaceの7話では風邪を引いたのあさんにイチゴパンを差し入れるお話です。甘くて、ミルクたっぷりそしてイチゴの濃厚クリームを、春よ恋を使って再現しました。冷めても美味しくボリュームたっぷりです。
このレシピの評価
非常に悪いレシピ良くないレシピ普通のレシピ良いレシピ非常に良いレシピ (評価数: 5 平均評価: 4.80)
出来上がり数:8個
全調理時間:3時間00分  実調理時間:2時間50分  準備:10分
カロリー:431Kcal/1個
■材料
春よ恋・・・・・・300g
牛乳・・・・・・210cc(計量カップに溶き卵半分30gを入れ210ccになるまで牛乳)
卵・・・・・・・・・1/2(L推奨)
砂糖・・・・・・・・40g
バター・・・・・・・30g(有塩可:投入塩分を少し少なく)
塩・・・・・・・・・・3g
ドライイースト・・・・3g(1袋タイプ)
イチゴパウダー・・・・大1(市販、通販)

<皮>
薄力粉・・・・・・150g
バター・・・・・・・60g(常温:無塩)
砂糖・・・・・・・・50g
卵・・・・・・・・・1/2(残りの30g)
イチゴパウダー・・大1.5
レモン汁・・・・・小さじ1

<イチゴクリーム>
薄力粉・・・・・・・20g
砂糖・・・・・・・・40g
イチゴジュース・100cc(小1パック程度)
生クリーム・・・・50cc(無ければ牛乳100ccで良い)
牛乳・・・・・・・50cc
卵・・・・・・・・・・1個
レモン汁・・・・・小さじ1
バター・・・・・・小さじ1

<仕上げ>
グラニュー糖・・・・・適量(お皿にある程度入れる)
■作り方
1.準備
粉類は、分量をはかりHBに入れる。ドライイーストが別の場所にある場合
そちらに入れる。無い場合は、食塩のそばにおかない。バターもそのまま入れる。
容器に卵を割り入れよくまぜる。その溶き卵の半分(約30g)を計量カップにいれ
210ccの目盛りになるまで牛乳を注ぎ、軽く混ぜてHBにいれる。

2.捏ねる
HBの生地コースで一次発酵まで1時間30分程度待つ。
空いた時間で皮とクリームを作る。

3.皮を作る
ボールに常温のバターと砂糖を入れ、良く泡立ててポマード状にする。
そこに、1の卵の残りを入れ完全に乳化するまでよく混ぜる。
薄力粉とイチゴパウダー、レモン汁を入れ、カードなどで纏めるようにまぜ、生地をまとめる。

まとまったら、切りやすい形にしてラップをし冷蔵庫に入れておく。
(生地の仕上がり前に取り出し8等分する。なれないうちは計るのが良い)

4.クリームをつくる
イチゴを良く洗い、へたを取ってミキサーに入れる。またはコップなどに入れブレンダーで潰す。
綿など使い、潰したイチゴをこして果汁だけ搾る。
(100cc以下でも良いが100cc以上になる場合は、別のコップなどに移し牛乳と
砂糖を入れ飲むと美味しい苺ミルク)
耐熱ボールに卵を割り入れ、砂糖も入れ泡立て器でよく混ぜる。
牛乳を徐々に追加してよく混ぜる。さらに生クリームを入れて混ぜ、苺ジュースを入れて混ぜる。
充分混ざったら、薄力粉をふるいにかけ、ふるい入れる。
600Wレンジで2.5分→取り出して泡立て器でよく混ぜる→レンジで1分→
よく混ぜる→レンジ30秒→よく混ぜる。バターとレモン汁を入れ、氷水などで冷却する。

5.成形
HBのパンを打ち粉をした台に取り出し、
ガスを良く抜いてスケッパーなどで8等分する。
綺麗な面を上にして丸めて置いておく。
ベンチタイム15分。

6.皮をつける
冷蔵庫から皮を取り出し、8等分して、麺棒などで円形に伸ばす。
4の生地の上に皮を被せ成形する。上部のみ被せる感じで良い。
お皿にだしたグラニュー糖に皮を付けるようにして、満遍に塗す。

7.二次発酵
スケッパーなどで網目を入れる。
軽くラップを被せて二次発酵を30分おこなう。

8.焼成
180度に予熱したオーブンで、17分焼く。
(焼き色が付きすぎたら前でも取り出す)

9.仕上げ
充分冷やして、包丁やパンカッターなどで、半分に切れ込みを入れ
クリームをたっぷり挟んで完成。

今回も、とっても美味しくできました。
では、次回の再現でお逢いしましょう♪
それじゃ、またね~
おやすみ。

コメント一覧

  1. October8
     昨日神戸屋のメロンクリーム入りメロンパンを食べまして、ちょうどコレのメロン版といった雰囲気でしたが、このイチゴメロンパンの方がクリームが多くて美味しそう。

     反則と言っていたいちごパウダーなるものの正体が気になります、トライフルーツのイチゴを粉末になるまで磨り潰したようなイチゴ成分が高いものから、着色料と香料でイチゴっぽくしたほとんど正体がないものまで製品によってかなり差が有りそうで…まぁメロンパンにメロン果汁は入ってないからいちごパウダーにイチゴが入っていなくても良いのかもしれませんが?

     (超余談です)もうかなり昔のことでタイトルや作者すら覚えていない読みきり漫画で、ウンタックに乗った探偵が主人公でその飼い犬と大好物のイチゴクリームクロワッサンサンドを奪い合うシーンが何故か印象的でいまだにイチゴクリームを見たり聞いたりするたびに思い出します。
     クロワッサンをナイフで上下に切り分けその間のイチゴクリームを挟んだモノでカロリー高そうだけど凄く美味しそうでした。
    • はるか
      october8さん、こんにちは。
      イチゴパウダーは、
      https://www.harukas.org/blog/wp-content/uploads/2016/05/c9e0a345fb163c473665d89798e78ecd.png
      です。
      読み切りマンガのは分かりませんが、クロワッサンのサンドは生クリームだけでもとっても美味しいのでイチゴクリームもあうと思いますよ♪

コメントする

Gravatarに登録してログインすると自分専用のアバターを表示できます。

コメントを残す





鈴木はるかのプロフィール画像
(Haruka Suzuki)
仕事:金融システムのSE
好きな物:スイーツ、絶景
趣味:お菓子/アニメ/多趣味

月別の記事を見る