はるかのひとりごと » アニ菓子 » ペンギン・ハイウェイのお姉さんが作ったトマトパスタを再現
はい、こんばんは。
はるかです。

自粛で大変なGWだったと思いますが、皆様どのように過ごされましたでしょうか?
私は、アニメや実写映画とか、たくさん見て過ごしました。

今回は、その中でお気に入りになった、劇場版ペンギン・ハイウェイからの再現です。

劇場版ペンギン・ハイウェイでお姉さんが作った茄子のトマトパスタを再現
劇場版ペンギン・ハイウェイでお姉さんが作った茄子のトマトパスタを再現

劇場版ペンギン・ハイウェイより引用
劇場版ペンギン・ハイウェイよりアニメ画像を引用

パスタを作ったのは、歯科医院に勤めるお姉さんです。
本名は登場せず、エンディングの字幕もお姉さんです。
そのお姉さんが「少年」と呼ぶアオヤマ君のために作ったパスタです。

お姉さんとアオヤマ君
お姉さんとアオヤマ君

寝ているのがお姉さんで、それを見ているのが少年ことアオヤマ君です。

アオヤマ君は、小学四年生なのに、博学で勉強熱心で真面目です。
でも、この年代にしては珍しく、まだ人を好きになったことは無かったのでしょう。
あ、ちょっと違いますね。
好きになったことが無い訳ではなく、好きという事に気付いていないのですね。
この映画は、少年がお姉さんを好きだと言うことを、徐々に気付いていく感じが面白いです。

例えば、引用のシーンですが、アオヤマ君は、お姉さんへの気持ちを分析して、不思議がっているだけなのです。

何故この人の顔の形は、こういう形にできあがったのだろう
何故お姉さんを見ていると、嬉しい感じがするのだろう
何故僕が嬉しく思う顔は、遺伝子によって完璧に造られて、今ここにあるのだろう


普通に言葉で「好き」というより、はるかに気持ちが伝わってきます。
この当たりの原作者の誘導は、素晴らしいですね。

アオヤマ君が何故、インテリ少年になったか?です。
私は、原因は父にあると思います。
父の話が、いちいち素晴らしいのです(笑)

超ひも理論の導入だけ説明して「しばらく考えてみなさい」とかいう人なんです。
途中に出てくる三原則も、イノベーションやソリューションに携わる方なら、同意できる内容だと思います。

父の問題の解き方三原則


さらに素晴らしいのが、終盤に出てくるエウレカの興し方です。

おまえが不思議に思っている事や、発見した小さな事を、一枚の紙に全てメモしなさい。
そうしたら、それを何度も眺める。
メモ同士のいろいろな組み合わせを考えてみるんだ。
頭の中で、メモが自由に飛び回るくらいにね。
そうしていると、頭の中のバラバラだった物が突然繋がる瞬間が訪れる。
エウレカだ。


※エウレカと言えば、アルキメデスが、体積の測定方法を発見したとき発したという言葉で有名ですね。

私たちイノベーションに関わる人間が常用する、東大i.school堀井教授が考えた「Apisnote」は、まさに、このママのツールなんですよね。
(宣伝ですww)

と・・・こんな話をやっていると一晩中話しそうなので、いい加減料理の話にします。

茄子のトマトパスタの拡大画像
茄子のトマトパスタの拡大画像

お姉さんは、パスタの本(本棚にあった)を見て勉強しているので、本格パスタになっています。
しかし、アニメの画像からは「ある物」が見えないのですよね。
ニンニク、イタリアンパセリは、画像からも分かります。
しかし、甘みの源であるタマネギが無いのですよ。

塩胡椒とトマトだけでも、味はととのうと思いますが、甘みが入っていないと物足りない感じだと思いました。
そして考えたのが、お姉さんはハチミツを入れたのでは無いか?です。
女性の一人暮しですから、朝食にパンとか食べるでしょうし。
まあ砂糖かもしれませんが、とにかく甘みも入っていると想定出来ました。

※これ以上のネタバレはアレなので避けますが、お姉さんはパスタを殆ど食べていません。

では、味見してみましょう♪

劇場版ペンギン・ハイウェイでお姉さんが作った茄子のトマトパスタの箸上げ
劇場版ペンギン・ハイウェイでお姉さんが作った茄子のトマトパスタの箸上げ

ハチミツいいですね。
トマトパスタにメチャクチャコクがでます。
もしかしたら、ペースト状にしたタマネギが入っていたかもですが、ハチミツはハチミツで正解の気がします。

このパスタは、トマトソースから自分で作る本格レシピとなっています。
しかし手順はとても簡単なので、是非お試し下さい。

茄子のトマトパスタ
映画ペンギン・ハイウェイでお姉さんが、アオヤマ君に作ったパスタを再現しました。本格トマトソースにハチミツを入れるレシピです。
このレシピの評価
非常に悪いレシピ良くないレシピ普通のレシピ良いレシピ非常に良いレシピ ( 投票数:1, 平均:5.00)
出来上がり数:2 人分
全調理時間:30分 実調理時間:25分 準備:5分
カロリー:397.5 kcal/1 人分
料理の種類:イタリア料理
レシピの分類:パスタ料理
■材料
パスタ・・・・・・・200g(1.6mm)
トマトホール缶詰・・200g(400g缶の場合全量を使い半分使用)
ニンニク・・・・・・・・半片(微塵切りチューブ可)
オリーブオイル・・・・・大3
ベーコン・・・・・・・・2枚
ミニトマト・・・・・・・8粒
茄子・・・・・・・・・・1本
イタリアンパセリ・・・・適量
塩胡椒・・・・・・・・・適量
ハチミツ・・・・・・・・小1

■作り方
1.準備
茄子はヘタを取り、よく洗い7mm程度の輪切りにする。
ミニトマトは、半分から1/4程度に切る。
ニンニクは、半片を微塵切りにして半量に分けておく。
ベーコンは、1cm程度に切る。

2.本格トマトソースを作る
フライパンにオリーブオイル大さじ2とニンニクの半量を入れ、中火にかける。
良い香りがしてきたら、トマトホールの缶詰をそのまま投入する。
中火のまま、木べらなどで焦がさない様に、ペースト状になるまで(10分以上)じっくりと水分を飛ばす。

3.パスタをゆでる
大きな鍋に、分量外の水と塩を0.5%程度(水2リットルで10g程度)入れ沸騰させる。
パスタをねじり入れ、そのまま放置する。
箸でかき混ぜたりする人がいるが、表面に傷を付けて美味しくなくなるので注意。
表記通りのゆで時間でアルデンテになる。

4.トマトパスタソースを作る
フライパンにオリーブオイル大さじ1とニンニクの半量を入れ、中火にかける。
良い香りがしてきたら、ベーコンを炒める。
ベーコンの色が変わると、茄子を入れしんなりするまで炒める。
本格トマトソースを入れ、ハチミツも入れる。
よく混ぜたら、パスタのゆで汁をお玉1,2杯入れ、パスタソースを完成させる。

5.完成させる
パスタソースに、素早く茹で上がったパスタを混ぜ、ミニトマトを入れる。
1分ほどあおり、ソースとトマトをパスタによく絡める。
お皿に盛って、イタリアンパセリを散らせば完成。





この記事は 2020年05月20日19時44分 に更新

コメント一覧

コメントする

Gravatarに登録してログインすると自分専用のアバターを表示できます。

コメントを残す





鈴木はるかのプロフィール画像
(Haruka Suzuki)
仕事:金融システムのSE
好きな物:スイーツ、絶景
趣味:お菓子/アニメ/多趣味

サイト内検索

月別の記事を見る