トップ » はるかのひとりごと » アニ菓子 » 食戟のソーマ チーズフォンデュロースカツ定食を再現
はい、こんばんは。
はるかです。

お待たせしました!
4月の放送を一時中止して、7月から再スタートした食戟のソーマからの再現です。

テーマは定食屋ゆきひらの十八番、ロースカツ定食です。
しかし、ソースと揚げ方に秘密がありました。
では見てみましょう♪

チーズフォンデュロースカツ定食の再現画像
チーズフォンデュロースカツ定食の再現画像

アニメ5期3話のチーズフォンデュロースカツ定食
アニメ5期3話のチーズフォンデュロースカツ定食


とんかつですよ、奥さん(笑)
豚肉は、ヘルシーで疲れた体にもバッチリなので大好きです。

創真さんは、定食屋の息子なので、やはり秘策を持っていました。
なんと常温の油から火入れするのでした。

カツを揚げるコツは常温で火入れする
カツを揚げるコツは常温で火入れする

アニメの揚げシーン
アニメの揚げシーン

肉は、急激に熱を加えると固くなってしまいます。
なので、常温の油から徐々に温度を上げていき、筋組織の「縮み」を防止します。
そして仕上げは、高温の油で表面を一気にからりと揚げました。

なるほど、聞いたことはありましたが、初めての実践です。
それと実は・・・わたし油を使うのが苦手なんですよね(爆)
アメブロ時代から見て下さっているかたは承知かと思いますが、天ぷらとかド下手だったりしますw

では、揚げ具合を見てみましょう♪

ロースカツの断面画像
ロースカツの断面画像

うひゃ、いい感じです。
見るからにカラッと揚がっていますね。
でも、何か薄いですね(笑)

厚目も素敵ですが、薄いと火が通りやすいです。
その分加熱時間を短くできるので、柔らかく仕上げることができるのですよね。
なので、叩きまくって伸ばしています。
厚めの方が好きな方は、筋切りだけにしてください。

内緒ですが、2枚目は当然常温からやったりしませんので、相方のは2枚目です(し~っ)

さて気になるのは、この壺です。
ブラックチーズソースらしいです。

壺に入ったブラックチーズソースを漬ける
壺に入ったブラックチーズソースにロースカツを漬ける

解説が殆ど無いので、想像で作りました。
恵さんが「軽い」と言っているので、各種配分は、それをヒントにしました。

手順は次の通り

1.茄子を焼く
2.ブレンダー(FP)で粉砕
3.ニンニク・調味料を入れる
4.裏ごし
5.チーズを溶かし混ぜる
6.とんかつソースと混ぜる

こんな感じです。

メチャクチャ手が込んでいて、とんかつよりも大変でした。
(ですが、七輪を使ってませんw)

それでは、味見です。

チーズフォンデュロースカツ定食の箸上げ
チーズフォンデュロースカツ定食の箸上げ

茄子のピューレって、こんなにうま味成分があるとは思いませんでした。
豚カツソースだけで、うま味の凝縮なのですが、それなのになんて濃厚なんですか。
軽いのは、茄子というイメージだけであって、水分を飛ばし凝縮してますので、とても濃厚でした。

うま味が、ず~~っと後を引く感じです。
茄子のピューレと合わせるだけで、これだけ味変するとは思いませんでした。

ということで、美味しかったですよ。

ではレシピです。

チーズフォンデュロースカツ定食
食戟のソーマ5期第3話の再現です。ロースカツは常温からの火入れでカラっと、ソースは豚カツソースに茄子のピューレとチーズを混ぜました。
このレシピの評価
とても悪いレシピ良くないレシピ普通のレシピ良いレシピとても良いレシピ ( 投票数:3, 平均:4.67)
出来上がり数:2 人分
全調理時間:1時間30分 実調理時間:1時間10分 準備:20分
カロリー:661.61 kcal/1 人分
料理の種類:日本料理
レシピの分類:定食
■材料
豚ロース肉・・・・・240g(お好みの量)
茄子・・・・・・・・・・2本(中小の場合3本)
ニンニク微塵切り・・・・1片(チューブ可)
生クリーム・・・・・・・小1(無い場合は牛乳)
溶けるチーズ・・・・・35g
豚カツソース・・・・・35g
塩胡椒・・・・・・・2つまみ(ソース用、下味用)
卵・・・・・・・・・・・1個(サイズ関係無し)
薄力粉・・・・・・・・50g(カツに塗す分で適量)
パン粉・・・・・・・・50g(カツに塗す分で適量)
揚げ油・・・・・・・・・適量(鍋の底に生地が着かない)
キャベツの千切り・・・・適量(カロリー分量外)
レモン・・・・・・・・・適量(カロリー分量外)
ごはん・・・・・・・・・2膳(カロリー分量外)
味噌汁・・・・・・・・・2杯(カロリー分量外)
漬物・・・・・・・・・・適量(カロリー分量外)


■作り方
1.準備
豚ロースは、トレイに空け塩胡椒を振り下味を付けておく。
茄子はよく洗い1/4程度に切る。
卵は溶き卵にして、カツを漬けやすい容器に入れておく。
薄力粉、パン粉もカツをまぶしやすい容器に入れておく。
キャベツは千切りにする。
味噌汁、漬物を準備する。
茄子を切った画像


2.茄子を焼く
オーブントースター、オーブン、七輪、コンロの網焼きなどで茄子を焼く。
オーブントースターで最大火力30分程度。
オーブンも同様(250度)
焦げ目が付かない場合は、コンロで炙るかバーナーで焼く。
しばらくすると手で持てるようになるので、皮とヘタを剥く。
茄子を焼く


3.ブラックチーズソースを作る
焼き上がった茄子をボールに入れニンニクと一緒にブレンダーにかける。
無い場合は、フードプロセッサーで粉砕する。
それも無い場合は、すり鉢でする。
粉砕した茄子を、濾し網で濾しなめらかにする。
耐熱ボールに入れ、塩胡椒ひとつまみ、溶けるチーズ、生クリーム(牛乳)を入れる。
レンジで1,2分で完全に溶けるまで温める。
溶けたら、よく混ぜて、冷めたあとに豚カツソースと混ぜる。
茄子のピューレ


4.カツを揚げる
豚ロースに筋切りを入れる。
薄い豚カツが好みの場合、肉叩きでよく叩く。
そのあと薄力粉をまぶし、卵液に浸ける。
再び薄力粉をまぶし、卵液に浸け、パン粉の容器に入れる。
パン粉を押さえるように回りに漬け、揚げ油にいれコンロに中火を入れる。
揚がってきたら、一気に強火にして両面をきつね色になるまで揚げる。
揚がったら油を落とすように傾けて、網に置く。
叩いて伸ばした豚ロース


5.完成させる
お皿に、キャベツ、レモン、包丁で切った豚カツを盛り付ける。
味噌汁、ご飯を盛り付け、ソースを添えたら完成。
(ソースは半分以上残るはず)
チーズフォンデュロースカツ定食の再現画像


この記事は 2020年07月26日23時51分 に更新

コメント一覧

コメントする

Gravatarに登録してログインすると自分専用のアバターを表示できます。

コメントを残す





鈴木はるかのプロフィール画像
(Haruka Suzuki)
仕事:金融システムのSE
好きな物:スイーツ、絶景
趣味:お菓子/アニメ/多趣味

月別の過去記事を見る

最近投稿されたコメント

  1. 匿名 (2020年09月13日)
    一生懸命考えて選んだ家電すぐ壊れたらショック。反対に長く使え、しかも使いやすいと「次の家電も同じメーカー製を」と考えます。昔ならそうだったが…
  2. はるか (2020年07月22日)
    少し哲学がはいるかもしれません。10万年ごとに繰り返されるサイクルを見れば一目瞭然ですが、地球の平均気温なんて海面が120mの上下するほど変…
  3. 匿名 (2020年07月20日)
    地球温暖化が異常気象の原因だって本当ですか?
  4. はるか (2020年06月16日)
    目指せ気象予報士さんこんばんは。空気塊の持つエネルギーは、気温や気圧だけではなく水蒸気も重要な要素です。乾燥した空気と湿潤した空気が同じ高度…
  5. 目指せ気象予報士 (2020年06月16日)
    はじめまして上空に寒気だけではなく乾燥していると不安定になる原因を教えて下さい
  6. はるか (2020年06月01日)
    twitter見ました。とても美味しそうです(o'∀')b具をいっぱいにしちゃいますよね^^;私も何個か爆発させました・・・

証明書の正当性確認