はるかのひとりごと » アニ菓子 » クロックワークプラネットの生八ツ橋キャラメルソースがけを再現
はい、こんばんは。
はるかです。

今回は和菓子に挑戦です。
和菓子は匠の技術を多用するため難しいものが多く、私の腕ではうまくできないことも多いです。
それでも、比較的簡単で失敗する事が少ない和菓子が、八ツ橋です。
さらに、レンジを使う時短の簡単レシピとなっています。

それでは、出来映えを見てみましょう♪

クロックワークプラネットの生八ツ橋キャラメルソースがけのリアル再現画像
クロックワークプラネットの生八ツ橋キャラメルソースがけのリアル再現画像

アニメクロックワーク・プラネット第5話でマリーが食べているシーン
アニメクロックワーク・プラネット第5話でマリーが食べているシーン
アニメ本編より引用、以後アニメ画像は本作品の引用

この大口で、一口で食べちゃっている女の子が、マリーさんです。
彼女は13歳で1級時計技師になった天才です。
なんとすべての時計の図面が、頭の中に入っているそうです。

さてこのアニメ、地球やその他すべてが時計仕掛になっているという設定です。
でも、意味がよくわかりません。
おそらく、歯車の時計仕掛といっても、存在自体をなにか量子的なものに変換し、その実態が歯車のようなもの?に思えました。
正確なところは、原作を読まないとわかりませんが、アニメを見たときの私の印象です。

話はとっても面白かったです。
特に京都パージ事件(2000万人の京都市民を犠牲にしようとした政府と軍)の解決をした、マリーとナオトの活躍は見ていてわくわくしました。

八ツ橋を食べるマリーのアニメ画像
八ツ橋を食べるマリーのアニメ画像

京都の事件が解決し一段落(実はマリーさんは殺害された事になった)して、茶屋で一服をしているシーンです。
可愛い顔と金髪ツインテール?が台無しになる食べっぷりですが、そこが余計に可愛かったりします(o’∀’)b

ということで、お菓子の話に戻りたいと思います。
今回使った粉は、私の配分で調合した「だんご粉」です。
月見団子など、お団子を作るとき、お店にはいろいろな粉があって迷いませんか?
主な粉は、次の通りです。

左:白玉粉と右:上新粉
左:白玉粉と右:上新粉

この二つ、同じ粉でも原材料が全く違います。
もち米と、うるち米です。
もち米は、あのお餅の米です。うるち米は、私たちが普段食べているお米です。
つまり、米粉=うるち米粉=上新粉
という訳です。

米粉は、歯ごたえがありもちもち感が少ないので、おはぎとか、草餅などに使います。
白玉粉は、モチモチした食感を利用したお団子に使います。

この2種類あるいは、製法を変えた(細かく砕いたり加水したり)物をいろいろ混ぜて最適な食感を生み出します。
私は、もっちりとした感触の八ツ橋が好きなので、今回は白玉粉をたっぷりと加えています。

これらの比率で食感や、時間をおいたときの柔らかさなどが全く違ってきますので、色々試してみると面白いですよ♪

また今回のレシピは、冷めても長くもっちり感を引き延ばすために、砂糖多めになっています。
これらの分量を勝手に変えてしまうと、堅くなったりしますので注意してください。
(実は、雪見だいふくを再現しようと昔かなり実験してますw)

では、味見をしてみましょう。

生八ツ橋キャラメルソースがけの箸上げ画像
生八ツ橋キャラメルソースがけの箸上げ画像<br data-src=
この記事は 2017年09月18日13時37分 に更新

コメント一覧

コメントする

Gravatarに登録してログインすると自分専用のアバターを表示できます。

コメントを残す





鈴木はるかのプロフィール画像
(Haruka Suzuki)
仕事:金融システムのSE
好きな物:スイーツ、絶景
趣味:お菓子/アニメ/多趣味

サイト内検索

月別の記事を見る