はるかのひとりごと > SEO > Googleに画像を正しくインデックスさせるには?
はい、こんにちは♪
はるかです。

画像検索は、サイトの流入増加を図るために重要な要素になります。
また記事の「顔」になるアイキャッチ画像は、ソーシャルサイトなどで共有された場合優位に働きます。
これら、記事に挿入する画像を、うまく検索エンジンに伝えるためには、ある程度のテクニックが必要です。

ただし、画像はあくまで記事(コンテンツ)の補助をするものです。
また、Googleは何の画像か認識する事はできません。

現在Googleの画像判断の実力は、最新のAIを駆使し動物の種類どころか、個体差まで当てるレベルです。
しかし、Google検索にはその技術を使っていません。
なぜなら間違いがあっては困るからです。
それはサイト運営者が検索エンジンに「正しい情報」を伝える手段を持っているからです。
逆にそれを知らなければ、正しい情報を伝えることが出来ないことになります。

ということで今回は、こういったテクニックを紹介したいと思います。

まず、先ほど説明したとおりGoogleは画像認識や自動OCRを使用していません。
なので、重要な情報に画像を使ってはなりません。
重要なブログタイトルや、記事の項目名(h1,h2,h3)などに画像を使うのは論外なのです。

つまり、私が画像で「はるかのひとりごと」と書いていても、Googleには、一切理解されないのです。
もちろん「はるかのひとりごと」という画像を作り、titleタグでも同様にマークアップしていれば問題ありません。

問題がないといっても、キーワードに対する重要性は低下します。
重み付けを私の独断で書くなら

文字の情報 >> 画像+altやtitleなど >>>>>>> 画像だけ

ちょっと盛っていますが、こんな感じです。
何故文字だけの情報よりaltなどが低いかというと altやtitleは隠れている情報だからです。
ブラウザによってはマウスオーバーなどで表示されますが、基本は目に見えない情報です。
Googleは、それら目に見えない情報より、表示される文字のテキスト情報の方が重要だと判断するのです。

よく見るのは、集客のために必要なキャッチフレーズが「ブログタイトル画像」になっていて「文字」で一切マークアップされていないのがあります。
恐らく検索エンジンを全く知らない集客でお金を儲けているコンサルタントから「見栄えばかりのサイト構築」を受けて、重要な事が取り入れられていないのだと思います。

正しい知識と情報で、検索エンジンフレンドリーなサイトを構築して欲しいです。
検索エンジンフレンドリーという事は、それを使うお客様に最適な方策という事にもなります。

ということで、重要なものに画像を使うのをやめましょう。
また文字情報と画像を併用するのは、上手な使い方です。
画像を使いさらに情報をうまく使えるやり方を、ここでは説明いたします。

さてそれでは、画像をインディックスさせるために重要な項目を箇条書きで纏めていますので、ひとつずつ見ていきましょう。


1.画像をクロールできるようにする

Googleはクローラー(Web網が蜘蛛の巣なのでスパイダーともいう)を使いサイトを巡回して、画像があれば画像の情報を収集します。
クロールされた画像は、整理されインディックスに登録されます。
このとき、同時に必要な情報もインディックスと共にデーターベースのレコードに保管されると思われます。
必要な情報とは、その画像が何を表現しているかという事です。
その情報が、正しくインディックスされることによって、検索エンジンにクエリ(検索文字列)を入力したとき関連する画像が出てくるのです。

そのため、画像をクロールできるようにしておかないと、せっかくの大事な画像がインディックスされません。
画像は通常テキストとは違うため、一般的なCMS(WordPressなど)では専用のディレクトリに格納されます。
そのディレクトリがrobots.txtでブロックされたり、アクセス制限が掛かっていたりすると、画像は全くインディックスされません。
なので、画像が正しくクローラーからアクセス出来るのか、ページスピードインサイトやFetch as Googleを使い、Googleのサーバーがあるアメリカから、正しくアクセスできるか調べてください。

もしアクセスできない場合は、レンダリングできませんので、画像が正しく表示されません。
またアクセスできない原因も分かるかもしれません。

アクセス制限に限らず、サイトが重かったりする場合、503や500エラーになる事があります。
クローラーに対してこのコードを返す事によってインディックスから削除される事もあります。
従って、サーチコンソールにエラーが出ていないか確認することが重要です。

サーチコンソールでのエラー確認方法は次の通りです。
画像の通り、クロールエラーの項目を参照します。
被リンクを毎日チェック等より、クロールエラーのチェックは画像に限らずとても重要なので、定期的に必ずチェックする様にします。

サーチコンソールによるクロールエラーの確認
サーチコンソールによるクロールエラーの確認

5xx などのサーバーエラーやDNSエラーが発生していると言う事は、その時間にサイトにきてくれたお客様にサイトが閲覧できる状態になっていない事を意味します。

この比率で表示されるパーセントは1%でも、とても多くのお客様に迷惑を掛けている事になります。
エラーが「ある」場合はホスティング業者に調査を依頼するか、識者は原因の追及に最善の努力をする様にしてください。
場合によっては、サーバー変更も考慮しなければなりません。

最後に、クローラーにクロールを任せるというのも方式の一つですが、画像のサイトマップを送信することにより、GoogleにどのURLに画像があるのか、伝える事が可能です。
仮にコンテンツ(文字)が一切無いサイトでも、画像のサイトマップを送信すれば、画像検索で検索される可能性があります。
(画像サイトマップで伝えたところで40x,50xのエラーになるとそれは無い物として扱われます)
また、JavaScriptなどで動的なコンテンツを配信している場合や、私が大嫌いwなLazyLoad等を使っているサイトは、画像のURLを正しくGoogleに通知しクロール&インディックスされる可能性が高まります。

Googleのサーチコンソールを使用したサイトマップのインディックス状態
Googleのサーチコンソールを使用したサイトマップのインディックス状態画像

このようにサーチコンソールとサイトマップを使えば、送信した画像とインディックスされた画像の正確な数を知ることが出来ます。

2.noindexを指定しない

noindexは、検索エンジンに対しての絶対命令です。
なので、noindexを指定している場合、インディックスされない事があります。
記事にnoindexが記載されていないか確認してください。

ただし、noindexはあくまでコンテンツ(Webページの検索)を非表示にする命令です。
画像を非表示にする命令ではないので、noindexにしていても、固有でユニークな画像である場合、画像検索で表示される可能性があります。

画像には専用の「noimageindex」という命令が使えます。
マニアックな命令なので、コレを使用している方は居ないと思います。

noindexは、ミスなどで、よくある事なので見直しが必要です。

noindexも使い所ががあります。
WordPressでは、メディアライブラリーに画像登録すると「メディアページ」が勝手に出来るテーマがあります。
これは画像だけのページで価値が全くないページです。
このようなページを量産するのはよくありません。
なので、メディアページを作成するテーマの場合はnoindexにするのが良いです。

3.画像の説明を記入する

画像の説明は、とても重要です。
Googleに「画像の意味を理解させる」効率的な手法です。

画像の情報を文字として検索エンジンに伝えるには、次の3つの方法があります。

3.1.imgタグ内でalt、titleを使う
3.2.画像の周りに説明を記入する
3.3.画像ファイルの名称を使用する


3.3を除いて3.1、3.2は、かなり重要ですので必ず履行する様にしてください。

3.1.imgタグ内でalt、titleを使う

imgタグとは
<img src=”https://www.harukas.org/haruka.jpg” alt=”” width=”300″ height=”300″ />
こう言うのです。
ここに alt=”” というように何も入れないのはよくありません。
WordPressでは最新のVerではここには何も入らないようになっています。
よって、自分で入力するかメディアライブラリで正しく入力する必要があります。

この alt がある場所には title=”” のように画像の説明を入れることも出来ます。

さて、このタグの意味です。altはalternateで「別の名前」という意味です。
つまり、なんらかの事情で画像を表示したり見ることが出来ない場合、別の方法で画像を伝えるものです。
例:盲目者用、回線が極端に遅くイメージ転送を禁止された環境・・・等

なので決して「Googleのためにあるタグ」ではない事に注意してください。
Googleは、別の方法でマークアップされた文字情報を「利用している」だけです。

さて、altとtitle、これは基本的にどちらも同じです。
片方だけマークアップするだけで充分です。
検索エンジンに余計な判断(altとtitleを別にする)させるのは得策ではありません。
場合によっては、無視されるかもしれません。

次にどういったマークアップをするのが良いかです。
これは、画像を見ることが出来ない人にも状況がわかるように記載するのがベストです。
例えば、



こういう画像があったら、
「ブルーベリー&クリームのフィリングを挟んだピンクのマカロンの上にイチゴが乗っている画像」
というのがわかりやすい感じですね。
このように冗長ではなく詳しく状態を表すのが良いです。

使ってはならないスパムや詰め込み(キーワードの乱用)は次の通りです
「マカロン、ピンクのマカロン、イチゴ、ブルーベリー」
日本語になっておらず、キーワードを並べているだけで何を言っているかわからないです。

同じキーワードを繰り返すのも厳禁です。
私は、簡単に説明するのが好きなので、きっと
「ピンク色のイチゴのマカロン」
程度です。この程度で十分だと思います。

あと、これは警告ですがGoogleは恐らくaltやtitleと画像が一致しているか、判断していると思います。
先ほどの説明の通り画像の認識はしていないのですが、その実力を何に使っているかというとマークアップしている文字列と画像が一致しているのかを確認をしていると想定します。
(リッチスニペットは確実に自動判断しているのですが、通常の画像でやっているかは根拠レスです)

ということで、くれぐれも画像とaltの内容を一致させるようにしてください。
こんな事で手動対策は受けませんが、自動対策される可能性が高いです。
Googleは、悪事の度合いによりサイトをどんどん信用しなくなります。
最初の信用値(私の勝手な造語)が100としたら、それがどんどん下がっていく感じです。
信用値が低下した場合、悪事をやめると、ある程度回復しますが元通り回復しないのが彼らのアルゴリズムだと私は想定しています。

3.2.画像の周りに説明を記入する

次は、画像周辺の説明文です。
周辺なので「上だけ」ではありません。画像の上、下、左、右・・・B、Aウソデス
画像の周りのあらゆる文字をレンダリングしたときの位置から推察して収集します。
ちょっと例をお見せしますね。

これは晴風カレーの記事です。



このとき私はalt=””にしています。
そして画像の下に画像検索で表示されている説明が出てきます。
上には全く別の文言が入っています。

これだけでGoogleは、詳しく画像を解説した文言を画像の周辺から取得し、どれが最適か判断し、その内容をインディックスに登録していると想定できます。

このように作用しますので、画像周辺の文言を馬鹿にしてはなりません。
必ず画像周囲にその画像の説明を入れてください。
altがあればかまいませんが、altは通常の人には見えません。
しかし周囲の説明文は、Googleに伝え、さらに記事を見る人にも説明ができます。
一石二鳥ですよね。

3.3.画像ファイルの名称を指定する

Googleのヘルプには重要だと書いているのですが、私はあまり重要だと思っていません。
日本語で書くわけに行きませんので英語になります。
しかし、私たちは日本人です。
なので英語やローマ字で書いてもわかりやすいとは思わないですね。

ところで、何故日本語で書いてはならないかです。
それは、W3Cというフォーラムがあり、そこでURLに使って良い文字と使ってはならない文字を決定しているのです。

日本語(SHIFT-JISなど)をURLに書くことは出来ないのですね。
ですから、日本語のファイル名を使うことが出来ません。
GoogleはW3Cに従っていますので、構造化マークアップのURL等も同様だと考えてください。

かといって、日本語で表示しているサイトもあります。
それは、URLを「エンコードする」という方式で、W3Cが認めるコードに変換しているからです。

日本語:はるかのひとりごと
エンコード:%e3%81%af%e3%82%8b%e3%81%8b%e3%81%ae%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%94%e3%81%a8

このようになります。
下の文字列は日本語で「はるかのひとりごと」と書いています。
これを見てわかりやすいと思いますか?
全く使い物にならないことが分かります。

余談ですが、URLのファイル名やディレクトリ名以外に、日本語を使ったものがあります。
そう、ドメインです。
これは、ファイル名で使っているUTF8エンコードとは違う、Punycodeという特殊なコードを使っています。
Punycodeはドメイン専用の記載なので、画像やURLについては不要な情報でしたね。

話が逸れてしまいました。
詳しく説明したので、日本語のファイル名やディレクトリが良くないのがおわかりいただけたと思います。
画像ファイルを作成する時、Googleのヘルプに従いたい場合は、英語でハイフンで区切るなどしてファイル名を決定するのが良いです。
一応私は、片言英語を記載するようにしています。

繰り返しますが、ファイル名に画像の意味を付けることに私は重要性を感じていません。
3.1や3.2をきっちり実施することが遙かに大切だからです。

4.重複した画像を使用しない

同一サイトの記事間で重複する画像を使用した場合、あまり重要な画像と認識されないかもしれません。
なので、画像に関する本気の記事を書いている場合は、その画像を他の記事で使うのは得策では無いです。
もちろん関連していれば、使用するのは全く問題ではありません。
しかし、タイトルなどと同じでキーワードを複数の記事に分散させるのと同じ意味合いになります。

次に、サイト間で同じ画像を使う話です。

Googleでは、画像内容が同一かどうか簡単に画像検索で確認する事ができます。
例えば、
画像検索
をクリックして、カメラのマークのアイコンをクリックし、適当な画像をアップロードします。
するとGoogleは、その画像を使用しているサイトの一覧を表示してくれます。

このように判断しているため、盗作判断など朝飯前です。

実際は盗作か? などという見方ではなく、多数で使われている=重要では無いという感じに見られるという事です。
なので、他人の画像をそのまま使ったりするのがあまり効果的では無いのは、こういった仕組みがあるからなのです。

フリー素材画像を使うのは視覚認識のために、非常に良いことです。
ですが、その画像でオリジナリティを出すことは困難なため、画像優先のサイトではそういった使い方をするのは良くないです。
逆にテクニカルブログで適当な画像が無い場合は、フリー素材を使うのも良いと思います。

まとめ

Googleフレンドリーな画像のインディックスの仕方について説明しました。
次の内容を自サイトに取り入れるようにしてください。
・Googleは画像から文字情報を認識できない
・クロールを阻害しないようにする
・適切にマークアップし画像に情報を与える
・マークアップで悪事を働かない
・重複した画像の使用は避ける



今まで通り、Googleフレンドリーなサイト構築を目指してくださいね^^
ではまた~

コメント一覧

  1. 電磁波ちゃん
    まさかここでコナミコマンドを見ることになるとは。

    そして、菓子テロ画像にキャプション付けると破壊力が増すことを実感するのでありました。
    • はるか
      あはは^^;
      コナミコマンドは、特に詳しい訳では無いので突っ込み禁止ですw
      私の真面目な記事って、必ず笑い要素がでてきますね・・・

コメントする

Gravatarに登録してログインすると自分専用のアバターを表示できます。

コメントを残す





鈴木はるかのプロフィール画像
(Haruka Suzuki)
仕事:金融システムのSE
好きな物:スイーツ、絶景
趣味:お菓子/アニメ/多趣味

月別の記事を見る