はるかのひとりごと > アニ菓子 > 幸腹グラフィティ最終話のブリ大根
こんばんは。
元気いっぱいの、はるかです。

毎週楽しみだった、アニメ幸腹グラフィティが、ついに最終回を迎えてしまいました。

最終話では、リョウさんが祖母との思い出の品である、ぶり大根を作ります。

泣いても笑っても最後なので、私も負けないように頑張って再現してみたいです。

幸腹グラフィティ12話のブリ大根をリアル再現
幸腹グラフィティ12話のブリ大根をリアル再現

アニメ第12話より引用
ぶり大根

いや~~、美味しそうですね♡
自分で言うなって←
いや、ほんと美味しかったです。

大根とブリのこってり感がしみしみ~♪

普段のレシピより、醤油を少し多めにしたのと、リョウさんなら恐らく生姜を一緒に煮ていると思って生姜も入れています。

ところで、リョウさんがつまみ食いしている時にあった「三つ葉」が無くなってますね。
これは、きっとつまみ食いで食べちゃったのでしょうか。
(追記:BDで修正されました)

アニメの中でリョウさんの言っていた、鯛のお頭とか出なくて良かったです。
それでは、少し食べてみましょう♪

ブリ大根とごはん
ブリ大根とごはん

アニメ12話より引用
ぶり大根(ごはん)

きりんさん、ばくばく食べてます。
富士山並に大きいご飯がでてきても食べてしまいそうです。

ここできりんさんが、とっておきの笑顔を見せます。

アニメ12話より引用
フワフワな笑顔

リョウさんは、このふわふわな笑顔(しあわせグラフィティ)が一番の調味料なのでしょうね。
しあわせそうなリョウさんときりんさんを見て私もとっても癒やされます。

次は、露子さんのエビカツサンドです。

なんと、受験だけではなく、エブリデイカツ(毎日勝つ)らしいです^^;

私も露子さんに肖って毎日勝ちたいです(*^▽^*)

エブリデイカツサンド
エブリデイカツサンド

アニメ第12話より引用
エビカツサンド

いや~~コレは。作るのに苦労しました。
なんと、私はエビカツサンドは初めて作ったのでした。

3つ星シェフの露子さんなら、どんなエビカツを作るのだろうと、いろいろ想像しました。

エビカツのベースは、はんぺんなのですが、露子さんはもっと濃厚に仕上げてくると思いました。
そのため、はんぺんより、エビのすり身をたっぷり入れました。

また、すり身は食感が無いので、切り身も同時にたっぷりと詰め込みました。

できあがったエビカツ


いや~、ぷっくりしていますよね。

味はタルタルかな?と思ったのですが、アップでびっくり。
よく見ると、たまごサンドでした。
しかもレタスも入っています。

たまご部分は、タルタルを意識してマヨネーズと玉子だけではなく酢や塩胡椒もいれて、しっかり味をつけています。

エビカツサンドアップ
エビカツサンドアップ

プリップリのエビがたっぷりです。
こんなに美味しくなるとは思いませんでした(*^-^*)

次は、きりんさんのお母様のお料理です。
なんと、きりんが「母の料理で一番美味しい」という野菜炒めです。

きりん母の野菜炒め
きりん母の野菜炒め

アニメ12話より引用
野菜炒め(上)

どんな味が分からなかったので塩胡椒、うま味調味料、オイスターソース、焼き肉のタレを、適当に混ぜて作りました。

なにが凄いかってこの量です。

野菜炒めの量(横から撮影)
野菜炒めの量(横から撮影)

映像ではよくわかりませんが、このお皿24cmですよ・・・。
キャベツ1玉、タマネギ2玉、ニンジン一本、もやし一袋です。
映像からではよく分からない大量のお野菜です^^;

以上でお料理はおしまいです。
最終回なので相当気合いが入りました(o^∀^o)

幸腹グラフィティ12話全てのお料理を楽しく作る事ができました。
楽しく作れたのは応援してくれる皆様あっての事です。

Googleの+1やコメント、twitterのいいねやリツイート、
検索などから訪問してくれた方々、原作者やスタッフの皆様、大変ありがとうございました。

また、幸腹グラフィティのお料理を再現する事が出来ることを、楽しみにしています。

最後に、私はアニメの料理や、お菓子がある限りそれをリアルに再現していますので、今回初訪問の方々も、今後を期待して下さいね。

では、またね♡
おやすみ。

コメント一覧

コメントする

Gravatarに登録してログインすると自分専用のアバターを表示できます。

コメントを残す





鈴木はるかのプロフィール画像
(Haruka Suzuki)
仕事:金融システムのSE
好きな物:スイーツ、絶景
趣味:お菓子/アニメ/多趣味

月別の記事を見る