はるかのひとりごと > ひとりごと > しあわせグラフィティの歌詞を解説・考察する
はい、こんばんは。
はるかです。

脊髄反射のように買ってしまった
幸腹グラフィティEDの「笑顔になる」は大変良いですね^^
同じCDに収録されている
「しあわせグラフィティ」も「ごはんの練習」も
とっても素敵です。

別のCDですが
OPの「幸せについて私が知っている5つの方法」
は、もはや神の領域です^^;

さて今回は、恒例の歌詞解説という事で
私自身が思った事などを考察していきたいと思います。
ターゲットは「しあわせグラフィティ」です。

まだ、検索エンジン上には解説サイトがなかったので
まどかのキャラソンの出遅れを経験に
スピード重視で行きたいと思いますw

まず、最初に悩むのが
この歌は誰の視点で、何を言いたいのか?
という点です。
歌詞の根幹に関わる部分ですが、
そこを読み取るのが至難の業です。

>人波におされて
>わたし今日もひとり
>いまごろあの子は
>なにをしてるのかな

この歌詞の主人公は、相方を「あの子」と
呼んでいます。

リョウ→きりん
きりん→リョウ

どちらも、下の名前で呼ぶ仲で
「あの子」という表現は使用しません。

なら二人の歌じゃ無いじゃん・・・で
終わってしまうので、大前提として
二人の歌である事が確定しているとして
話を進めますね。

リョウは、きりんの事を結構子供扱いしています。
それは原作でも「子供の伸ばし方」という本を読んで
頭をナデナデしたりしていますので、その当たりからでも
読み取ることができます。

リョウ自身、自分も子供だと分かっているので
敬語で話して大人びてみせたりしています。
(ちなみに、どうでもいいですが私が敬語キャラなのは
リョウさんとは別です。驚くかもですがリアルも敬語キャラです)

そんな事よりも、新小田さんは、
「誰が誰にとかいうのは読者に任せる」
と・・・したかったのかなあと詠んでいます。
多分、リアルの思い人も当てはまる様にしたかったのかな。

とりあえず、ここでは「リョウ→きりん」の歌と
して進めていきます。

この歌で一番興味があるのは、
二人の関係で、現在どうなているか?と
いう当たりでしょうか。

歌詞を熟読する限り、「私きょうもひとり」と
出だし初っぱなから、リョウはきりんと一緒に
暮らしていない事になります。
二人の関係は、次の通りです。

中学→①土日及び休みだけ会える
高校→②同棲
大学→③?
社会人→④?

四六時中一緒にいる高校の時の唄では無い事が
読み取れます。
では、①か③か④になるという訳です。

私きょう「も」「ひとり」なので
一人で居る時間が相当長く
思うように会えない状況ではないかと思います。

今頃何をしているのかな?
と想う事は、好きな人ができると当然の思想です。
その思い人と、離れている事がどれだけ悲しいかが
歌詞の中に織り込まれています。

新小田さんは、悲しさを表現するために、
楽しかった記憶を引き出して対比するという手法を使いました。

>あたたかな匂いと
>ふわふわの笑顔

ここは、きりんの匂いという訳ではく
きりんの雰囲気の事を比喩しています。
きりんと一緒にいるだけで、
こころが暖かくなるという感じでしょうか。

これを「思い出して」いるので
ここでも、現在は離ればなれという事がわかります。

おなかいっぱい食べる。
いただきます。
ごちそうさま。

これは、まるっきり普通の日常を表現しています。
普通の日常でも「好きな人一緒に」という形容がされると
幸せに変換されるのですね。

>たくさん笑ったね
もちろん、過去形です。
日本語には無い表現ですが、過去完了型かもしれないのが
興味のあるところです。


>しあわせグラフィティ
なぜグラフィティという表現を使ったのか
興味はありますが、幸腹グラフィティから持ってきた
以外に考えつかないので、深い意味は無いような気がします。

あえて言うなら「作る」「食べる」「笑う」という
行為を好きな人と一緒にする事により
それは、単なる落書き(日常)ではなく、グラフィティという芸術に
なると言いたかったのかなと思いました。

>お勉強に疲れて

ここであらたなキーワードが登場です。
これにより、上述の④は消えました。
残りは①か③という訳です。

大学生が「お勉強」という表現を使うとは
思えない(あるとしたらレポートw)ので
強引に除外したい感じです。

>こんな寒い日は

これで、季節まで絞り込まれました。
冬と断定するのは尚早ですけど、
大学生をドロップして、冬となると

中3で高校入試を控え、勉強するために
離ればなれになっている状況だと読み取れます。

リョウときりんは、週末コースなのですが、
いよいよ受験間近になると、コースに出席していない生徒が
原作(アニメ)に登場しています。
よって、週末コースも2月には、終わってしまうのかな?
でしたら1ヶ月近く離ればなれになっているはずで
その時の心境を唄にしたのでは?と
結論付けました。

なんか、本当の別れの寂しさとか
経験していないので、少し離れただけで
こんな唄を唄っちゃうリョウさん・・・
可愛いなあと思うのでした。

>うまくいかなくて悔しくて
>つらくって泣きたいときも
>きみがそばにいるから
>がんばるんだ、わたし
>さあ、ごはんの時間だよ

ここのフレーズは、一番言いたかった箇所に思えます。
アニメ・原作で一貫しているこの部分は、
どんなに辛い壁があっても、
「好きな人と一緒に食事ができる」
という「幸せパワー」で何でも乗り越えていけると
いう事ではないでしょうか。

つくる、たべる、わらう
のデュエットは、回数を数えてみました。

<リョウの回数>
たべる・・・4回
つくる・・・13回
わらう・・・3回

<きりんの回数>
たべる・・・14回
つくる・・・4回
わらう・・・3回

リョウの作った回数ときりんが食べた回数が一致しません。
これは、最後のフレーズ合わせでこうなったのか
宅配ピザで作っていないのに食べた回を入れたのか
正確な所はわかりません。

ということで、歌詞解説をおわります。

実は私、最初聞いたときは、
社会人になって、お互い別々に暮らして
離れた状態を表していたのかなあと思いました。

原作・アニメで「大人になってもずっと一緒で」という
フレーズを見たら、少し悲しくなってくる感じでした。
ですが、よく聞くと全然違うのでその発見を
文書として残しておきたかった訳です。

新小田さんのとっても可愛くて、素敵な歌詞を
昭和の歌謡曲風にした面白い作品でした。

<2015.03.27追記>
新小田さんがtwitterで返信してくれました。
ブログ見てくれてありがとうございます。

新小田さんコメント

<追記終わり>

では、またね~♪
おやすみ。

以下のamazonのリンクで試聴できますよ♪

http://www.amazon.co.jp/しあわせグラフィティ/dp/B00TG8JGLG/
しあわせグラフィティ




笑顔になる(フライングドッグ)より引用

しあわせグラフィティ

歌:リョウときりん (佐藤利奈と大亀あすか)
作曲:熊谷蘭
作詞:新小田明奈

人波におされて
わたし今日もひとり
いまごろあの子は
なにをしてるのかな

ものさみしい夜は
あの子を思い出す
あたたかな匂いと
ふわっふわの笑顔

見つめあってふたり(ふたり)
お皿をならべたら
いただきます
ごちそうさま
しあわせってうれしいね
お腹いっぱい食べて(食べて)
たくさん笑ったね
いただきます
ごちそうさま
しあわせグラフィティ

お勉強に疲れて
ふとひとつため息
いまごろあの子も
がんばってるのかな

こんなに寒い日は
あの子を思い出す
おいしそうな湯気と
だいすきな笑顔

お腹が空いたときは(ときは)
お皿をならべよう
いただきます
ごちそうさま
しあわせっておいしいね
ふたりで一緒に食べる(食べる)
こころも満たされる
いただきます
ごちそうさま
しあわせグラフィティ

たべる つくる
つくる たべる
たべる つくる
ふたり ドゥビドゥバ
つくる つくる
たべる たべる
わらう わらう
ふたり ドゥビドゥバ

うまくいかなくて悔しくて
(シャンララ シャンラララ ララ)
つらくって泣きたいときも
(シャンララ シャンラララ ララ)
きみがそばにいるから
がんばるんだ、わたし
さあ、ごはんの時間だよ

見つめあってふたり(ふたり)
お皿をならべたら
いただきます
ごちそうさま
しあわせってうれしいね
お腹いっぱい食べて(食べて)
たくさん笑ったね
いただきます
ごちそうさま
しあわせグラフィティ

たべる つくる
つくる たべる
たべる つくる
ふたり ドゥビドゥバ
つくる つくる
たべる たべる
わらう わらう
ふたり ドゥビドゥバ
たべる つくる たべる
つくる たべる つくる
たべる つくる たべる
ふたり ドゥビドゥバ
つくる つくる たべる
たべる たべる つくる
わらう わらう
ふたり ドゥビドゥバ



コメント一覧

コメントする

Gravatarに登録してログインすると自分専用のアバターを表示できます。

コメントを残す





鈴木はるかのプロフィール画像
(Haruka Suzuki)
仕事:金融システムのSE
好きな物:スイーツ、絶景
趣味:お菓子/アニメ/多趣味

月別の記事を見る