はるかのひとりごと > アニ菓子 > レガリアのエッグベネディクトを再現
こんにちは。
鈴木はるかです。

みなさま2016年はどうでしたでしょうか?
私は、金融の仕事で一段とスキルアップできた年になりました。
来年は、移行(ちなみに年末年始/GWが一般的)が4顧客あり、すべてPM業務となります。
今年は、移行がない分、楽しく過ごしたいと思います。

あ、あと株の運用がダメダメな年でしたね。こんなによい状況が続いたのに+30万程度ですので
小遣いとしては、まあまあですが、気分は200万ほど負けた感じです。

それでは、今年最後のアニメはレガリアにしたいと思います。
元々ほんわかとした百合系は大好きですが、ロボットものは苦手です。でもたまにおもしろいのがあるので、よくチェックしてないと見落としてしまいます^^;

エッグベネディクト
二つ並んだ美味しそうなエッグベネディクト

アニメレガリア第1話より引用、以後アニメ画像はすべて同作1話から引用
エッグベネディクトにオランデーズソースをかける

美味しそうな朝食ですね^^
どんなシチュエーションかというと、レナ(小さい方)さんが早起きして、朝食を作ろうと思っていたのに、ユイさん(女王様で、レナの妹)がそれよりも早く起きて朝食を作ってしまったのです。

朝食を作るユイとレナ

なので、レナさんは非常に不機嫌ですが
「すごく美味しそうね」
とツンケンしてしまいます。

さて食べ物の話です。
エッグベネディクトはイングリッシュマフィンに、ベーコンなどをはさみ、ポーチドエッグを落としてオランデーズソースをかけて食べるお料理です。
なので、ポイントはポーチドエッグの半熟テクニックと、オランデーズソースとなります。

では、ポーチドエッグの半熟具合をみてみましょう♪

エッグベネディクトに少しナイフで切れ目を入れる
エッグベネディクトにナイフをいれ半熟卵が溢れている

うわ~、あふれてきました。
なかなかの完成度でした。

レナさんのようにズバッと切って食べてもよいです。

レナがエッグベネディクトを食べる

オランデーズソースは、酸っぱくてこくがある感じのソースです。美味しいワインビネガーがなかったので純粋な「酢」と「レモン汁」を使いました。

それでは、お味の方をみていきたいと思います。

エッグベネディクトの断面
エッグベネディクトの断面で半熟卵

いろいろなソースが混ざり合って、マフィンも卵も美味しそうですね♡

オランデーズソースの酸味とコクのあるバターの香り、半熟の黄身とソースをマフィンが吸ってすごい味になっています。
毎朝朝食で、こんなのが食べれたら嬉しいですね^^;

ではレシピに行きたいと思います。
オランデーズソースは、私のブログでよく登場する「乳化」です。
今回は温かいソースなのでさほど難しくないですが、一度に大量に入れると必ず失敗しますので、少量ずつ混ぜ込んでいくようにしてください。

ポーチドエッグは、完全に冷却するまで水に浸けておいた方が破損が少ないですが、やはり朝食なので温かくしたいですよね。加減は難しいですが、温かいのに挑戦してください。

本格オランデーズソースのエッグベネディクト
本格ソースにこだわった、エッグベネディクトです。きれいな発色とクリーミーなソースで半熟卵とイングリッシュマフィンをお召し上がりください。ソースはたっぷりつけて食べるのが美味しいですよ。
このレシピの評価
非常に悪いレシピ良くないレシピ普通のレシピ良いレシピ非常に良いレシピ (評価数: 4 平均評価: 5.00)
出来上がり数:2個
全調理時間:30分  実調理時間:20分  準備:10分
カロリー:533.19 kcal/1個
■材料
<ポーチドエッグほか>
イングリッシュマフィン・・・2個
卵・・・・・・・・・・・・・2個(Lサイズ指定)
水・・・・・・・・・・800cc
酢・・・・・・・・・・・50cc
添え物野菜・・・・・・・・・適量
ベーコン・・・・・・・・・・4枚

<オランデーズソース>
卵黄・・・・・・・・・・・・1個(Lサイズ指定)
バター・・・・・・・・・・50g(食塩無添加)
酢・・・・・・・・・大さじ1/2
レモン果汁・・・・・・・小さじ1(好みにより減らしてよし)
塩胡椒・・・・・・・・・・・適量

■作り方
1.準備
ポーチドエッグの卵は室温がよい。
イングリッシュマフィンは、トースターで色がつくまでトーストする。
ベーコンはフライパンで好みの固さにに焼く。
バターは、レンジで完全に溶けるまで熱する。

2.ポーチドエッグ
鍋に水と酢を入れ沸騰させる。
鍋をかき回し渦を作り、その中に室温の卵を静かに落とす。
2,3分(1分後底にひっついていたらお玉で取る、私は2分50秒くらい)弱火で加熱する。
完成したら、水で締める(あまり長い時間にすると冷める短いと白身が壊れる)
その後キッチンタオルで水分をきれいに拭き取り、ベーコンを添えたイングリッシュマフィンの上にのせておく。

3.オランデーズソース
ボールに卵黄(白身は使わない)と酢、レモン果汁を入れる。
別のボールに熱湯を注ぎ、卵黄のボールを温めて湯煎する。
泡立て器で勢いよく混ぜると白色になっていく。
ハンドミキサーなどに持ち替え、湯煎も行い加熱しながら熱する。
ほんの少ない量の溶かしバターを加えてミキサーで乳化させる。
少しずつ追加するのがポイントで分離させないようすべてのバターを追加する。
マヨネーズ状になったら、塩で味見をして、胡椒をほんの少し入れてソースの完成。

4.盛りつけ
イングリッシュマフィン、ベーコン、ポーチドエッグの上にオランデーズソースをかける。
野菜などを盛りつけて完成。


ということで、年内最後の更新になりました。
今年もたくさん応援してくださって、ありがとうございます。
来年も、楽しく再現を続けていきたいと思います。

ではみなさま、よいお年をお迎えください。

コメント一覧

  1. October8
     あけましておめでとうございます。

     1話で食べていたのはこういうものだったんですね。
    学生の頃ならぺろっと行けそうだけど、今だと美味そうとおもいつつもコレ1個で朝食はOKまなぁ朝から2個はちょっと…と思うほど卵とチーズたっぷりでベーコンも入って結構ボリュームがありそう。

     しかしマフィンって間に物を挟んで食べるという認識が強かったのでTVで見ている時はマフィンだとは気が付きませんでしたね。
     低迷しているハンバーショップもこのくらいのメニューが出せれば人が来るんじゃないかと思ってしまいますが、原価的にはそれほど問題なさそうですがポーチドエッグと盛り付けの手間がファーストフード向きではないですね、ソースの関係上作り置きや持ち帰りにも向きませんし。
    • はるか
      >October8さん
      あけましておめでとうございます。
      今年もよろしくです。
      これ、結構ボリュームありますよ。
      私は1人1個で想定しています。カロリー計算も凄い数値です(1個)

      ファストフードは、やっぱり簡単にテクニック不要でできる感じがよいですね^^
  2. ギン
    カラスミかけたらエリナのベネですよね
    • はるか
      >ギンさん
      こんばんは^^
      ですです!、実は少し意識したのですが食戟の方はソーマさんが作ったお料理しか作ってないので、こちらで行きました♪
      今月は、イタリアン攻め(1週間毎・・・キツイ)になるかもしれません。
      今年も頑張ります。
      ギンさんの動画の方も、凄い人気ですね( ^o^)ノ

コメントする

Gravatarに登録してログインすると自分専用のアバターを表示できます。

コメントを残す





鈴木はるかのプロフィール画像
(Haruka Suzuki)
仕事:金融システムのSE
好きな物:スイーツ、絶景
趣味:お菓子/アニメ/多趣味

月別の記事を見る