はるかのひとりごと > サイエンス > 国語に関する世論調査
こんばんは♪
さきほど、ホテルでニュースを見ていました。

国語に関する世論調査」の結果が、
かなり残念なようです。

かくいう私も、日本語の伝達能力に関しては、
自信が無かったりします。

「お客様に最善の提案を実施する」

私の場合、仕事なんですね。
伝わらない・・・では、会社は利益を得ることもできず、
自分の成績も良くなりません。

hitsudan



私は、自分のプレゼン力の弱さを補うために、
プロジェクターを使った、スライドによるプレゼンを多用します。
また、プレゼン資料には、必ず笑いが取れるような
オチを入れる事も忘れません。
自分の語彙力、表現力、日本語力の弱さが分かっているので
それを補う訳です。

そういえば、最近は、お客様もわたしのような若い人を
一線に立たせているため、間違った日本語を使うことがあります。
そこで、「日本語の指導」をしようもんなら、
好感度が一気に-255くらいになってしまいますw
ですので、間違った日本語を使っていても
それを訓で、理解する必要もあるのです。

いや~、世の中難しいですね。
せめて、プライベートなブログやゲームは、
そういった柵から、離れてみたいです。

ではでは、おやすみ♡

コメント一覧

コメントする

Gravatarに登録してログインすると自分専用のアバターを表示できます。

コメントを残す





鈴木はるかのプロフィール画像
(Haruka Suzuki)
仕事:金融システムのSE
好きな物:スイーツ、絶景
趣味:お菓子/アニメ/多趣味

月別の記事を見る