はるかのひとりごと > サイエンス > ピグライフミントイベントの偏差値を計算
今回のミントイベントですが、
1回の収穫で5種類のミントのうちどれかが手に入る仕様です。
クエスト8/8を早々にクリアでできそうです。(切手18/17ですが無料1回)

よく考えたらミント5種なので、1種類のミントを集めるのはきっちり20%の仕様です。
20%というと、レア出現の数値によく似てますね。
20%というのは非常に興味深いので、サイバーエージェントの疑似乱数には
どの程度のバラツキがあるのか、調べることができます。

ミントイベントの偏差値

いやいや、スゴイ数値ですね。
今回レアサッパリだよって人は、平均34.4個も出るのに25個しか出ないです。
反対に48個も出る人がいるのですね。
σは8.01くらいですから、クールミントは2σを超えているのですよね・・・・
というくらい、大きなバラツキがあるのが分かります。
もちろん、サンプルが少ないのでこの数値自体精度が高い物ではないでしょう。
しかし、このサンプルでこれだけの差が出るのは、事実という事になるわけです。

やっぱり、あたしのキャラ的には料理のお話のほうが似合っていますねw

ということで、また逢いましょう♪

コメント一覧

コメントする

Gravatarに登録してログインすると自分専用のアバターを表示できます。

コメントを残す





鈴木はるかのプロフィール画像
(Haruka Suzuki)
仕事:金融システムのSE
好きな物:スイーツ、絶景
趣味:お菓子/アニメ/多趣味

月別の記事を見る