『小説』おかしいな4

はい、こんにちは音譜
はるかですドキドキ
おまたせしました。
待望の第4作目ですチョキ
(誰も待ってないw)
---
登場人物
鈴木はるか・・・本作の主人公
広野由美・・・はるかの親友
川内鏡子・・・一女お菓子部部長
---
アメーバ好評連載中
おかしいな1  おかしいな2  おかしいな3
アメーバ完結小説
永遠ップ1  永遠ップ2
アメーバ単発童話
みーちゃんの仮装
------------------
おかしいな4
《参考書2》
 今日は、由美とお出かけ。楽しいな。
なんてのんきな事を言ってられない。約束の時間に遅刻しそう。
普段オシャレっ気が殆どないあたしだが、
なぜか目一杯可愛い格好をしようと奮闘中だ。
 真っ白でフリルのたくさん付いたお洋服・・・。
母の趣味だけど一度も着たことは無かった。
カントリーツインのリボンも、白に合わせた。
全身が写る鏡の前で、出来映えを鑑賞する。
 しかし・・・少女過ぎる少女趣味だった。
「まあいいわ、いいネタになるし」
あたしは、ひとりごとを言いながら支度を急いだ。
「ごめん、待った?」
 案の定、先に由美は先に来て待っててくれた。
由美はあたしを見るなり、異星人を見ているような目で言った。
「どちら様?私はチンドン屋に知り合いは居ませんが」
「もう、意地悪っ」
「あははは、ごめんごめん。だってはるかってばキャハハ」
笑いすぎだよう。そんなに変だったかな。
確かに、由美と外出するときは、ダサい普段着ばかりだった。
今日は、なぜかオシャレをしたい感じだったので
その通りにしただけなのに。もう知らないフンだ。
「はるかどうしちゃったのさ、オシャレなんかして」
「たまには、いいでしょ」
あたしは、まだ不機嫌が直っていない。
その矢先だった。由美の右手があたしのツインの右側のリボンを
下からそっと掬い上げた。「やっ」と思わず小さな声をだしてしまった。
 「でも、このトレードマーク(ツインテール)はいつもと一緒だね」
と優しく言った。
 あたしは、この言葉に吸い込まれるように、目を丸く見開いて
由美の方を見ていた。

 こういう行為が簡単にできる由美は、やはり反則だと思う。
蕨駅で待ち合わせたあたしたちは、大宮まで行くことにした。
 そういえば、由美は昨日プライベートとか言ってたけど、
何をしていたのかな。聞いていいのかな。まあタイミングを見て
聞いてみよう。言いたくなかったら言わないと思うし。
そんなことを考えながら、ふと出てきた言葉が
「何たべよっか?」
「えっ」
 由美は驚いた。確かにお昼まで、まだ時間はあるし。
「あのね、はるかが参考書買いに行こうって言ったんじゃない」
 そういうことか、あたし、またぶっ飛んでた。
 そそっかしいとか、そういう問題でもない。
 巷ではあたしのようなのを天然と言うらしい。
「ほらはるか、また考え込んでる?前向いて歩きなよ」
 あたしは、由美の方を向いて、左手をそっと握ってみた。
「こうすれば安心。テヘッ」
「はあぁぁ。高校生が大宮で手を繋いで歩くかな」
 由美は呆れて少し恥ずかしがって居たけれども、
ずっと手を繋いでいてくれた。
参考書は、ルミネにある本屋さんに山積みされていて、
あっさり買うことができた。ついでに前期中間考査のための
問題集まで買うことができた。
「ふっ、同じ問題集を持って居ればはるかに教えてもらえるし」
「それはお互い様でしょう」
 成績は二人ともあまり変わらない。まだ入学して2ヶ月も
経って居ないのに、授業のレベルの高さを肌で感じていた。
少しでも怠けていると、置いて行かれる事は自明だった。
「さて、目的は達成したし帰るかな」
由美は、また意地悪を言う。
「なに言ってるのよ、これからが本番よ」
「え゛っ」
「大宮と言えば、スイーツ天国、エキュート内だけでも
数え切れない食べきれないスイーツショップばかり、
こんなところで、一女(いちじょ)お菓子部が素通り
できる訳ないでしょうが」
 水を得た魚のように饒舌なあたしに、また始まったと
いわんばかりの顔で呆れかえっている。
「あたしね、あたしね、行きたいお店があるの」
「はいはい、どこへでもついて行きますよ」
「ル・シブヤのマカロンを盗みたい」
「は、はるか、なんてことを」
 ル・シブヤは、昔から行きたいお店だった。
フランスで修行したシェフがもの凄く美味しいマカロンを作っているので
一度は食べてみたい、そしてその味を我が手中にイーヒヒヒヒ。
「はるかさあ、素人がプロの味を盗める訳ないでしょう」
「そんなの食べてみないとわからないじゃない」
「作って見ないと・・・じゃないのね。まあいいわ、
私もそのお店知ってるわよ、確かモンブランが有名だったかな。
そんなことより、ランチの時間帯だよね?」
「いいのいいの。女の子はスイーツで出来ているんだから、
スイーツを補給するだけで生きていけるの」
「はるかのそういうところ、たくましいわね・・・」
《ル・シブヤ》
「はるか、そのバックに変な装置を持ってきて無いわよね」
由美は、心配そうな顔であたしに言った。
「糖度計でしょ、携帯スペクトラムアナライザでしょ・・・
ってそんなの持ってくる訳ないじゃない」
「びっくりしたわよ、本当にやりそうだから」
「うん。実は少し考えてた。でもシェフに嫌われたくないし」
「おおお、流石パティシエールの卵だね」
あたしと由美は、味の違うマカロン数個と新栗のモンブラン、
コーヒーと紅茶を注文した。
 店内は落ち着いた雰囲気で、白いテーブルがオシャレだ。
なんか、期待いっぱいでわくわくする。
 すぐに注文したスイーツが届けられた。

イスパハン
「さて、お味見お味見っと」
「はるか楽しそう」
そう。スイーツを食べるときが一番幸せだ。
あまり推奨出来ないけど盗むと決めた以上、嫌な食べ方をしてみる。
まず、フィリングが浸透していないマカロン自体の味を確かめてみた。
「なにこれ、このアーモンド、おかしいよ」
「おかしいって、何が?」由美は不思議そうな顔をした。
「いいから食べてみて」
「うわ、すごいわね。香ばしいというのを超えているわ」
そう、このアーモンドプードルは、日本では売っていない。
少なくても市販されているものでこんな香りは経験が無い。
このシェフ、原材料をフランスから輸入しているんじゃないだろうか。
チビチビ食べているあたしを差し置いて、ぱっくり食べる由美は
「うわ、このフィリングも絶妙ね」
とか言っている。では、あたしも。
「うん、やっぱりプチマカロンは、パクッと食べてあげないとだね」
「はるか、どう?盗めそう?」
「無理」
即答した。原材料が全然違う。
原材料だけでは無く、何年も修行し磨かれた想いが入った
スイーツなのだ。一筋縄にコピーできるものではない。
「そっか、はるかでも無理か」
「でも、勉強になったよ」
「ほほう、どんな?」
「全菓選はね、原材料持ち込み自由なの。だから
輸入した海外の原材料を使う事もできるのよ」
「なるほど、アーモンドプードルを専門業者から買うのね」
「そう、とりあえず部で先輩に相談してみようね」
《戸田公園》
 そのまま蕨に帰ってしまうより、寄り道したかったので
大宮から埼京線で戸田公園に行った。公園と言っても
子供が遊ぶような公園ではなく、荒川沿いの広い敷地が
公園となっている。お散歩をしたいという私のわがままを
由美はすんなりと聞いてくれた。
 人通りが殆ど無く、ゆっくりと時間が流れる午後の荒川河川敷。
もの凄くロマンチックな場所だ。
 あたしは、「しめた」と思いまたまた由美の手を繋いだ。
由美は、あたしの方を見て、少し悲しい顔をした。
「はるか、私言わなきゃいけない事があるの」
珍しく、由美が真剣だ。あたしのほうが茶化さないと気まずい。
「え?何々?愛の告白ワクワク」
「私ね、はるかとこんな風にデートできないかもしれないの」
一瞬何を言っているのか、わからなくなって、
あたしはその場に立ち止まった。
そうしたら、視界が黒い点々で覆われて、立っても居られなくなった。
「どうしてって聞く事はできるよね?」
変な日本語だった。なんでこんな事になったのだろう。
「私ね、鏡姉えいや、鏡子先輩とお付き合いすることになったの」
「うん」
「前から、付き合おうと言われていて、昨日答えを出したの
私、凄くずるいよね。はるかに早く言わないと、はるかの事
もっと好きになっちゃいそうで、怖いのだから・・・」
 由美は、何を言っているのだろう。あたしは、
もう理解があまりできない。平然を保っているはずなのに、
大粒の涙がいっぱい、いっぱい、いっぱい溢れてきた。
しゃがんだままの姿勢で、由美に顔が見えないようにして言った。
「あたし、あたし、由美が好き。本当に好き。
あたしの大好きな人が、好きな人とお付き合い出来るのなら、
応援しないとだね。がんばれ由美」
 もう無理だった。あたしは声に出して泣いてしまった。
「お願い由美、抱きついていい?鏡子先輩に怒られないかな」
「いいよ」
「ずっと、お友達で居てね」
「うん」
おかしいな4<おわり>
おかしいな5に続く
それじゃまたね音譜


『『小説』おかしいな4』へのコメント

  1. 名前:ストロー 投稿日:2014/11/25(火) 22:26:27 ID:a6b0f796d 返信
    愛を失うってさびしいね、たとえはじめから愛を得ていなかったとしても失うことは出来るのね。
    。゚(T^T)゚。
  2. 名前:?電磁波ちゃん零式? 投稿日:2014/11/25(火) 22:59:34 ID:a6b0f796d 返信
    なんという急展開
  3. 名前:はるか 投稿日:2014/11/25(火) 23:58:13 ID:a6b0f796d 返信
    >ストローさん
    告白も、好きだとも言っていないのに
    失恋するって、本当に悲しいと思います。
    告白してふられる方が、まだマシだと思ってしまいました^^;
  4. 名前:はるか 投稿日:2014/11/26(水) 00:00:00 ID:0d462500e 返信
    >?電磁波ちゃん零式?さん
    プロットでは決まっていたストーリなんですが、
    小説の「はるか」が可愛そうすぎて
    なかなか書けなかったのです(T_T)
    実は、プロットではこのまま終わりなんですが、
    とても終わりにできないので「つづく」にしましたw
  5. 名前:まあみ 投稿日:2014/11/26(水) 09:05:09 ID:0d462500e 返信
    ずるいこだったら 先輩とお付き合いしつつ 自分への一途な愛をむけてくれる相手を 縛ることもできるのに
    あまりにも その思いが純粋で まっすぐで はるかが大切だからこそ はっきりと伝えたんだね
    だがしかし 由美には由美の大きな試練が待ち受けていそう  ハラハラ
    涙味まじりでもいいから はるかのマカロンが食べたいです
  6. 名前:?あおい? 投稿日:2014/11/26(水) 10:52:15 ID:0d462500e 返信
    いつもこの小説を楽しみに見てます!
    レズが大好きで実際私もレズなんですが・・・・
    普通のレズかな?(同人誌的な)と思い見てみるといきなりの急展開!
    由美ちゃんお付き合いするの?えええみたいな
    マカロン食べたい驚きの展開!
    続きがとても楽しみです。
    頑張ってくださいo(〃^▽^〃)o
  7. 名前:はるか 投稿日:2014/11/26(水) 11:09:22 ID:0d462500e 返信
    >まあみさん
    由美の気持ちを察してくれてありがとうございます。
    >大きな試練
    これどうやってもうまくいかないですよね^^;
    鏡子先輩には申し訳ないですが^^;
    なんで、由美は鏡子先輩を断れなかったのか、
    もう少し深く考えて見たかったのですが、
    はるか視点なので、ここは読者の想像に任せました。
  8. 名前:はるか 投稿日:2014/11/26(水) 11:18:08 ID:0d462500e 返信
    >?あおい?さん
    楽しみにしてくれていたなんて嬉しいです^^
    私は、あまりエッチなのは好きでは無いので
    本当にソフトなお話しになってしまいます。
    ライトノベルで言ったら、
    Xストロベリーパニック
    ○マリア様がみてる
    という感じですw
  9. 名前:NIKO 投稿日:2014/11/26(水) 16:41:09 ID:0d462500e 返信
    最近、西島さんや向井くんの結婚話があって、
    だからノンケの男は困るのよ~と思ってました。
    私と、なんかあるはずがないのはわかってましたが、同性愛者ならあきらめがつくと言うものw
    はるかちゃんの場合は可能性があったんですね( ;∀;)
    由美ちゃんのなにげない言葉が痛くて、
    はるかちゃんの手をつなぐという気持ちが切ない。
    男女だとありきたりな光景が
    この二人だと、とてもピュアでデリケートな光に包まれた感じに見えました。
  10. 名前:はるか 投稿日:2014/11/26(水) 17:39:05 ID:0d462500e 返信
    >NIKOさん
    ピュアでデリケートな光!
    ありがとーすばらしい表現です。
    そういうのを目指していました^^
    はるかは、やっと好きという感情を知り始めた感じなので相手が男であれ、女であれ
    「他人を想う心」を成長させて大人になっていくんだろうなあと思いました。
  11. 名前:ありあ 投稿日:2014/11/26(水) 19:27:52 ID:0d462500e 返信
    イーヒヒヒで爆笑しながらマカロン見てヨダレたらしている場合じゃなかった・・・!
    いやー、辛い!切ない!
    涙が出ちゃった・・・・(TT)
    はるかしゃん、幸せになって・・・・!!!
    ところではるかさんがイヤじゃなかったら、たまに差し絵とか書かせて頂きたいなーって思ってるんですが・・
    メクルで投稿してる小説の表紙絵なんかも、良かったら描かせてほしいなあって思ってるんですが・・・
    気が向いたら描かせて下さいね^^
  12. 名前:はるか 投稿日:2014/11/26(水) 20:40:07 ID:0d462500e 返信
    >ありあさん
    はるかに感情移入ありがとうございます^^
    自分にもこんな純粋な頃があったのかな、
    なんて思いながら書きました^^;
    (今は違うみたいな言い方ですが違いませんからw)
    ところで、絵!
    もちろん大歓迎です。私、本当は、ありあさんにいろいろ書いてもらいたいのですが、
    クレクレ君みたいで言い出せなかったんですよ。
    ぜひぜひお願いします。
  13. 名前:ありあ 投稿日:2014/11/26(水) 22:24:36 ID:0d462500e 返信
    >はるかさん
    (連投すみません)わーい!何からがいいですか?
  14. 名前:mimi 投稿日:2014/11/26(水) 22:44:28 ID:0d462500e 返信
    えーーーT^T
    まさかの展開すぎる><
    おしゃれしてウキウキ気分な
    姿がとってもかわいくて
    マカロン美味しそうすぎるー!!
    なんて読んでたのに
    まさかの展開(>_<)
    ずっとお友達でいてねだなんて
    せつな過ぎる~~~~
    最後は私にとってはあまりにもショックでした^^;
    次回も楽しみにしてま~す^0^
  15. 名前:はるか 投稿日:2014/11/26(水) 23:14:48 ID:0d462500e 返信
    >ありあさん
    ありがとうございます。
    うれしいよ~(*^_^*)
    やっぱり、この小説がいいです。\(^O^)/
    >あたしは、この言葉に吸い込まれるように、
    >目を丸く見開いて由美の方を見ていた。
    ここ、ここ。お願いします^^
  16. 名前:はるか 投稿日:2014/11/26(水) 23:23:19 ID:0d462500e 返信
    >mimiさん
    マカロンは、大宮に実在のお店を
    モチーフにしました。
    最後ですよね。
    心の底では、お互い一繋がって居そうなのに
    どうして旨くいかないのか、もどかしい感じです。
    鏡子先輩の出方も楽しみですが、
    この先どうなるのか、暖かく見守ってくださいね^^
  17. 名前:まあみ 投稿日:2014/12/02(火) 11:23:01 ID:2be691c02 返信
    >ありあさん
    なぅからの割り込み 失礼しました
    ここのやりとり見てなかったのに あの絵みたとたんに「っ  やっ」って声がきこえたわ~?
    そんでもって 3の入浴シーンも期待してます
    あの内面のモヤモヤとか だめだめって自分に言ってるような切なさとか
    顔ぶくぶくもぐったうなじが 浮かんでしまったのですよ
    ツインテールをほどいてるときの 無防備さというか
    はるかファンにはたまりませんわ
  18. 名前:はるか 投稿日:2014/12/02(火) 23:14:35 ID:2be691c02 返信
    >まあみさん
    斜め後ろからうなじが写ってて、
    ぶくぶくってなってるの・・・想像できますw
    あたしの作画でよければw
    https://www.harukas.org/ameblo/image/o0800088013042133212.jpg
    笑い話にしかなりません。↑これ、越後湯沢の温泉が凄く深いのを表現したくってwおっぱいは500%盛っていますwww
  19. 名前:まあみ 投稿日:2014/12/03(水) 08:25:33 ID:ce0887a77 返信
    >はるかさん
    ささやかな未発達の○乳と ほそっちいうなじと
    背中のあばらのラインを 愚弄するな!!
    ぷんすかぷんぷん
    笑いすぎて 腹筋が痛いわ~
    ありあさん たすけて
  20. 名前:まあみ 投稿日:2014/12/03(水) 09:30:47 ID:ce0887a77 返信
    背中にあばら あるわけないーっ
    背骨のライン・・・
    しくしくしく
    ぶくぶくぶくは 目をぎゅっとつむってるイメージ
    それも顔は見えないのに なんか伝わる背骨希望